トップページ > 企業情報 > 社長メッセージ

社長メッセージ

トップメッセージ

瀧口 登志夫

 皆様方にはご健勝のこととお喜び申し上げます。日頃は弊社製品サービスにご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。

 さて、当社がキヤノングループ入りして半年が過ぎました。本年4月1日付でキヤノンの専務執行役員に就任するとともにキヤノンの中にメディカル事業本部が設立され、事業本部長兼務を拝命いたしました。キヤノンの成長ビジョンであるヘルスケア分野の成長のため、統合のシナジー効果を最大限に生み出してまいります。
 現在、当社は来年の社名変更に向けて様々な社内外の手続きを進めています。それと並行して、キヤノンの先進的な生産技術を当社のものづくりの現場に取り入れ、さらなる効率的なオペレーションと高品質なものづくりを実現すべく、幾つかのプロジェクトを始動しています。さらに、開発技術分野でもキヤノンの持つ技術と当社の技術を融合させて、新たな技術や事業化を目指した50にも及ぶプロジェクトも検討し始めています。両社の高い技術を合わせることで化学変化を起こし、これまでにないイノベーションをお客様にお届けできるよう、統合スピードを加速してまいります。

 当社は創業以来これまでにない大きな変化の時を迎えています。変化は進化、変身は前進と捉え、このチャンスを積極的に活かして、従業員全員が心をひとつに強い組織風土作りを目指した社内運動に取り組んでいます。
 先日、ひとりの患者さんから手紙が届きました。そこには検査に伴う苦痛がいかに辛いものか、苦痛の伴わない装置開発への切実な願いが綴られており、医療機器を開発する私達企業の果たすべき役割を改めて強く考えさせていただきました。
 これからもMade for Lifeの理念のもと、全員が同じ価値観に基づいて判断し行動することで一枚岩となり、世界の医療に貢献するために、お客様とともに歩み、ともに成長し続ける企業であり続けたいと思います。

瀧口 登志夫
代表取締役社長 瀧口 登志夫

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。