トップページ > 企業情報 > 社長メッセージ

社長メッセージ

トップメッセージ

瀧口 登志夫

 皆様方にはご健勝のこととお喜び申し上げます。日頃は弊社製品サービスにご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。新年度を迎えるに当たり、ご挨拶を申し上げます。
 昨年、正式にキヤノングループの一員となって、3ヶ月余が過ぎようとしていますが、統合のシナジーを最大限に発揮するために、両社で活発な話し合いを進めています。
 私達は、より確実な診断に役立つ臨床的価値、より効率的に医療が行えるためのワークフローの改善、導入する施設の経済的負担を低減する経営への貢献をお客様に提供することを目指しています。精密設計や生産技術、センサ技術や画像処理技術といったキヤノンの持つ様々な力を弊社の製品開発や製造サービスに活用する事で新たな付加価値を産み出し、「Made for Life™」の理念のもと、さらなる医療への貢献を果たしてまいりたいと存じます。
 さて、4月14日~16日に開催される国際医療画像総合展(ITEM 2017)では、これまで疾病の早期発見、検査時の負担低減を実現する技術の開発を進め、高い臨床価値の提供を志してきた当社の目指す一つの方向性である高精細画像を追求した様々な新製品を、豊富な臨床データとともにご紹介します。当社の展示テーマは「Together, we complete the image」です。「image」には「診断画像」と、「より良い診療の将来像」の2つの意味が込められています。当社ブースで2つの「image」をぜひご確認下さいますよう、お願い申し上げます。

瀧口 登志夫
代表取締役社長 瀧口 登志夫

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。