トップページ > 企業情報 > 社会性活動(CSR) > ピンクリボン > 乳がんとはどんな病気 > 乳房にしこりができる病気

乳がんとはどんな病気

  • 乳がんの基礎知識
  • 乳房にしこりができる病気
  • 乳がんの治療法

乳房にしこりができる病気

乳房にしこりができると乳がんかと不安になると思います。乳がん以外でも乳房にしこりができる場合があります。以下のようなものがあります。

乳腺症

女性ホルモンがバランスを崩し、エストロゲンというホルモンが過剰になりおこる病気です。主に30代~40代の人に多く見られ、乳腺に硬い部分ができたり、のう胞(分泌物がたまった袋)ができたりする。乳房の張りや痛み、乳首から分泌物がでることもある。月経前に症状が強くなりますが、月経がはじまると軽減します。

乳腺線維腺腫

線維と線管が増えすぎて、硬いシコリになる病気です。10代~30代に多く見られ、小豆大のしこりのものから、卵大ほどのしこりできます。しこりは比較的かたく、コロコロと動き押しても痛みはありません。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。