Pink Ribbon ピンクリボンは早期乳がん発見のための乳がん検診啓発活動のシンボルマークです。東芝メディカルシステムズは乳がんの早期発見、早期治療を呼びかけるピンクリボン活動を応援しています。

ピンクリボン運動とは、乳がんを早期発見し死亡率を減らそうという願いからアメリカで始まった、乳がん検診受診を人々へ訴えかけるための運動です。

その昔、アメリカに若くして乳がんでなくなった女性がいました。彼女の2人の子供と母親はたいへん嘆き悲しみ、「二度と同じ悲しみを繰り返さないで」という思いから、女性が乳がんを日常的に意識できるよう祈りを込めてピンクリボンを作り広めることで、多くの人々への乳がん早期発見啓発のメッセージを発信したそうです。それ以来、ピンクリボンは広く世界で乳がん撲滅のシンボルマークとされています。

東芝メディカルシステムズは国内市場における画像診断システムのトップメーカーとして、乳がん検診に有用なマンモグラフィ装置のほか、超音波診断装置、CT、MRIなどの画像診断装置で乳がん診断のニーズへのトータルソリューションを提供するとともに、2003年からは、ピンクリボンの関連イベントにマンモグラフィの実機やマンモ検診車を展示するなどして、参加者への乳がん検診啓発に取り組んでいます。今後も、乳がん検診についての正しい知識を社会全体に広める活動の輪をグループ全体に広げていきます。

さまざまな装置の開発

当社のマンモグラフィは唯一の国産装置であり、日本人女性に最適な設計・仕様により、早期乳がん発見のお役に立てるようサポートをしています。また、乳腺の描出に有用な機能を備えた超音波診断装置をラインアップしています。

乳がん検診における当社MRIの特長を紹介する動画はこちらから

東京メディカルシステムズのピンクリボン活動

東芝メディカルシステムズは、全国各地で開催されるピンクリボン関連イベントにも参加。企業ブースでは疑似乳房を使った触診体験や各種啓発パンフレットなどの配布、ピンクリボン協賛商品の販売などさまざまな形で活動を行っています。また、異業種企業15社からなる「乳がん検診推進企業ネットワーク」に参画し、日本における乳がん検診の受診率向上を目指す活動にも取り組んでいます。

関連サイトのリンク集

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。