CSR指針

東芝メディカルシステムズCSR5原則

東芝メディカルシステムズCSR活動基本方針

  • 1.“命の尊さ”を基本に社会の一員として、社会に対して積極的に貢献していくことで
    社会からの信頼を獲得し、持続的成長を目指します。
  • 2.生命・安全、法令遵守を最優先に、誠実で透明な経営を実践するとともに、
    地球環境に配慮した企業を目指します。
  • 3.信頼される企業を目指し、お客様や従業員、株主、地域社会等、
    さまざまなステークホルダーの皆様とコミュニケーションを図ります。

ステークホルダーとのかかわり

人々の健やかな生活。持続可能な環境への取り組み。
東芝メディカルシステムズでは、地球的視野をもったグローバル企業として、
人にも地球にもやさしい、医療システムの構築に取り組んでいきます。
そしてあらゆるステークホルダーと向き合いながら、
世界の地域社会に貢献できる企業を目指します。

ステークホルダー

CSR経営の推進と体制

当社は“ 私たちの事業そのものがCSR”として捉え、事業を通じて各種の活動を展開しています。従業員一人ひとりが「東芝メディカルシステムズグループ行動基準」を実践することにより、世界各地でCSR経営を推進しています。

推進体制

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。