トップページ > 企業情報 > 社会性活動(CSR) > CSR便りVol.3「CSへの取り組み」

CSR便り
Vol.3 CSへの取り組み

今よりもっと満足いただけるように、いつもお客さまの立場で考え続けています。

私たちが提供している商品は、
本当にお客さまに満足いただけているのでしょうか。

お客さまに直接お会いする弊社の営業やサービス担当者はもちろん、
開発担当者や製造担当者、東芝メディカルシステムズの
すべての社員が、お客さまの満足を考えて仕事に取り組んでいます。

装置の納入後にお送りする顧客アンケートによって
日ごろなかなか意見をお聞きできない方々からも
積極的に意見をうかがい、全社員で共有しています。

お客さまに満足いただけたさまざまな事例を
全社員で共有する「CSベストプラクティス」といった取り組みも、
CS意識の向上に役立てています。

徳島支店 徳島サービスセンタ
山本圭介

2007年4月の第5次医療法改正に基づき、医療機器の保守点検、サービスにかかわる項目への認識が大きく変わることとなりました。お客さまからの質問、必要書類の提出等問い合わせが多くなることが予想され、改正医療法の知識を早期に深め得意先および地区単位の研究会等で講演を行ったところ、他社にはないきめ細やかな対応と、大変好評をいただきました。私たちはお客さまの要望をお聞きするのはもちろんのこと、お客さまが求めるサービス、安心安全を提供できるようにいつも心がけています。

CSベストプラクティス

弊社内で毎年実施されている品質強化月間に、満足度向上や不満処理対応の迅速な対応など、東芝メディカルシステムズグループのブランド向上に大きく貢献した活動事例を募集し、その中で優れた活動に対して表彰する活動です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。