トップメッセージ

瀧口 登志夫

これからも「Made for Life」の精神で、お客様とともに。

私たちは、尊い命に貢献したいとの思いを込めた「Made for Life」を経営スローガンに、グローバルに事業を展開し、つねに最先端の技術でお客様のニーズに応え、医療の未来に貢献することを目指しています。
2016 年12 月、私どもはキヤノングループの一員に加わり、グループ従業員として心を一つに新たなスタートを切りました。世界中の多くのお客様とのパートナーシップを通じて医療に貢献し、よき企業市民として、よりよい社会の実現をめざしてまいります。
私たちはこれからもイノベーションを図り、“ 病気を早期に発見し、確実に診断し、負担の少ない治療” に最適なソリューションを速く・広く提供してまいります。そして、「Made for Life」の精神はこれからも失うことなく、お客様とともに歩み、 ともに成長していく企業であり続けます。

グローバルにCSR 経営を遂行します

東芝メディカルシステムズグループは、“ 私たちの事業そのものがCSR”と考えています。人権への配慮や調達取引先を含めて、それぞれの国や地域の法令、社会規範を遵守し、医療機器事業を通じて地域社会に貢献することが企業の責任であると認識し、公正で清廉な企業であることを目指すとともに、社会からの信頼を高めてまいります。

地球環境保全に貢献するために環境経営をより一層強化します

地球温暖化あるいは汚染など、生物多様性の維持に危機が迫っている中で、かけがえのない地球の環境保全に貢献することは、企業が取り組まなければならない使命の一つです。当社では、製品開発における環境配慮設計プロセスを徹底し、お客様に環境性能NO.1 を目指した製品・サービスの提供を、また生産プロセスの効率化、資源のリサイクル率向上、物流プロセスにおけるモーダルシフトなど、事業活動全体の環境負荷を最小限にすることを環境経営の施策として実践しています。

ステークホルダーの皆様とともに歩み、成長していきます

今後も、お客様をはじめとするすべてのステークホルダーの皆様とのコミュニケーションを重視し、スピードを持ってグローバルな事業発展に向け邁進してまいります。東芝メディカルシステムズグループの社員一人ひとりが、CSRを実践し、信頼される企業経営に努めてまいりますので、皆様方の変わらぬご支援、ご指導をよろしくお願い申し上げます。

瀧口 登志夫
代表取締役社長 瀧口 登志夫

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。