トップページ > 企業情報 > 環境活動 > 環境活動ハイライト

環境活動ハイライト

環境性能NO.1製品認定制度の推進やグローバルな環境性能訴求を展開しています。

環境活動への積極的かつ継続的な取り組みを推進

環境性能 No.1 製品へ

東芝メディカルシステムズグループでは、環境性能に優れた製品を創出するために、環境性能NO.1製品認定制度を推進しています。これは製品リリース時点において、業界トップの環境性能を持った製品のみが認定されるもので、15年度は3製品が認定されました。

※ 環境性能NO.1製品:「地球温暖化の防止」「資源の有効活用」「化学物質の管理」という3つの観点で、製品リリース時点で業界トップの主要環境性能を持ち、社内認定した製品

環境性能訴求をグローバルに展開

お客様に製品の環境性能をより理解していただくために、2011年から世界各地で開催される主要な展示会において、積極的に環境性能を PR しています。2013 年には日本国内はもとより、東アジア、中東、南米各地域においても機器展示を行いました。今後も実施展示会を増やしながら、環境性能に優れた製品の販売拡大に努めていきます。

「関東経済産業局長表彰」受賞

電力の有効活用・省エネルギーの推進・負荷率の向上等に顕著な実績・功績を上げた工場事業者として、「関東経済産業局長表彰」を受賞しました。これからも社員一人ひとりの環境意識を高めながら、省エネ・節電への取り組みを推進していきます。

STAFF'S VOICE

「環境活動を積極的に推進します」
取締役 上席常務 信太 康雄
従来、臨床性能を最優先としていた医療システムにも、これからは環境への貢献が求められています。最近では欧州RoHS指令(特定有害物質使用制限)を中心とするグローバルな法規制を遵守すべく、当社全体をカバーする含有化学物質管理体制を構築しました。
また欧州ErP指令(エコデザイン)に対してもCOCIR(欧州放射線・医療電子機器産業連合会)に参画し、省エネ・省資源の取り組みを積極的に推進しています。しかし私達の環境活動は法規制のみによって推進されている訳ではありません。製品の環境性能の向上はお客様にとって新たなコスト低減をもたらす製品の魅力です。それが市場への環境配慮製品の浸透を加速させ、最終的に企業に次の環境性能向上の為の原資をもたらします。当社はこのサイクルを正しく理解し、環境活動への積極的かつ継続的な取り組みを推進していきます。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。