トップページ > 企業情報 > 環境活動 > 環境活動ハイライト

環境活動ハイライト

環境性能訴求のグローバルな展開と、より優れた環境性能の探求を継続しています。

環境負荷低減を推し進めるため、全ての製品に環境配慮の設計をしています

業界トップの環境性能を一つでも多く

すべての製品開発において環境配慮設計を実施しています。より環境性能に優れた製品を創出するために、環境性能NO.1製品(※)認定制度を推進。2015年度は、新たに3製品が認定されました。

※環境性能NO. 1製品:「 地球温暖化の防止」「資源の有効活用」「化学物質の管理」の3つの観点において、
 製品リリース時点で業界トップの主要環境性能を持ち、社内認定した製品。

産業団体の環境活動への参画

日米欧各地域にある医療機器産業団体、および上位の国際団体であるDITTA(※)に参画し、地球環境と経済性のバランスをとりながら環境活動への取り組みを推進しています。

※DITTA:国際画像診断治療機器業界会議 (International Congress of Diagnostic Imaging and Therapy Systems Trade Association)

世界各地で環境性能を積極的にPR

ひとりでも多くのお客様に“環境性能NO.1製品”を使用していただき、環境負荷低減につなげていくため、2011年から世界各地で開催されている主要展示会において、製品の環境性能を積極的にPRしています。
2015年度は、日本国内、欧州、南米のみならず、中国、中東各地域においても実施。今後も参加展示会を拡大しながら、環境性能に優れた製品PR に努めてまいります。


資料引用元:日本医療画像システム工業界(JIRA)

STAFF'S VOICE

「自分達の環境活動だけでなく、製品を通してユーザーの環境活動を支援する」
取締役上席常務 環境経営担当役員 信太 泰雄
医療画像診断機器のライフサイクルにおいて最も多くCO2を排出するのは、病院における使用段階です。しかし日常の臨床検査の中でユーザーの努力のみではCO2の削減は限られます。当社は、ユーザーに負担をかけないで省エネを実現する様々な最新技術を製品に導入することで、病院の省エネに貢献しています。2015年度は、優れた診療効率を実現しながら省エネルギーと省資源に優れた“環境性能NO.1製品”を3製品創出しました。今後も環境性能に配慮した製品を提案することで地球環境の維持に貢献してまいります。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。