ニュースリリース

2000.03.10


静音化と高品質画像診断を実現した最高級MRIの発売について


 当社は、検査の際に発生する騒音を聴感で90%カットする当社独自の静音化機構「Pianissimo™(ピアニシモ)」を搭載した、1.5テスラMRI(超電導式磁気共鳴画像診断装置)「EXCELART™(エクセラート)」シリーズの最高級モデル「MRT-2001」を商品化し、本日から営業活動を開始します。なお、新製品の出荷は、3月末からの予定です。

MRT-2001 新製品は、1999年9月に発売した「MRT-2000」をベースに、傾斜磁場システムの性能を約3倍に高める(当社比)とともに、コンピュータシステムを高性能化し、画像データの処理速度を約5倍に高速化(当社比)することなどによって、画像診断能と検査スピードの向上を図った「EXCELART™」シリーズの最高級機です。また、新製品は、騒音の発生源である傾斜磁場コイルに対して、騒音の空気振動伝播を遮断する真空封入構造と固体振動の伝播を遮断する独立支持構造による「Pianissimo™」を搭載し、最高級クラスのMRIとしては、世界一静かな検査音を実現しています。

当社は、新製品が持つ高い画像診断能による高品質診断と高い静音性・開放性や診断時間の短縮による患者の負担軽減などを通して、医療施設が患者へ提供する医療サービスの質の向上に貢献していきます。

 新製品の販売は、東芝メディカル株式会社が担当します。

なお、新製品は、2000年4月7日から9日にかけてパシフィコ横浜で開催される「2000国際医用画像総合展 JMCP2000」に出展します。

 
 新製品の概要

 
  
 商  品  名   形    式   標準価格(税別)   販売目標(年間) 
 EXCELART™   MRT-2001   9億8,800万円   30台 


 開発の背景と狙い

 
 MRI装置による検査は、他の画像診断装置による検査と比較して、X線被曝がないことや病変の検出能が高いこと、任意方向の断面で撮像できることなどの利点がある一方で、画像診断情報の高品質化にともない、大きくなる検査時の騒音が患者に負担を与えるという課題がありました。
 当社は、この課題に対して、従来は聴感で50%程度のカットが限界であった騒音を、90%カットする静音化機構「Pianissimo™」を開発し、世界一静かな検査音を実現した1.5テスラMRI「EXCELART™(形式名:MRT-2000)」を1999年9月に商品化しました。この製品の持つ画像診断能や患者アメニティ性能などが高い評価を受け、発売から半年間で約50台を受注するなど好調な実績をあげています。

 今日、特定機能病院や地域医療支援病院、地域の基幹病院など地域医療において中核的な役割を担う医療施設は、近隣の医療施設からの紹介患者を含む大勢の患者に対して、より高度な医療を提供することが求められています。
 このような状況の中、MRI装置に対しては、より質の高い画像診断情報がより短時間に得られることや、短時間に大勢の患者の検査に対応できるなどの性能が求められています。

 新製品は、このようなニーズに対応するために、先に製品化した「MRT-2000」の高い患者アメニティ性能をベースに、画像診断情報の質と検査スピードの一層の向上をコンセプトに開発し、今回、商品化するものです。




 新製品の主な特長

 
1.最高級クラスで世界一の静音性による高い患者アメニティ
 空気振動伝播を遮断する「真空封入構造」と固体振動伝播を遮断する「独立支持構造」を採用した「Pianissimo™」機構により、従来装置では聴感で50%程度カットすることが限界であった騒音を90%カットし、最高級クラスの1.5テスラMRI装置で世界一の静音性を実現しています。さらに、クラス最大の患者開口径(655ミリメートル)による高い開放性との相乗効果により、高い患者アメニティを提供します。

2.約3倍(当社比)の性能を備えた傾斜磁場システムによる高い画像診断能
 傾斜磁場システムの性能を約3倍(最大スリューレート値、当社従来比)に高めることによって、より質の高い画像診断情報を提供します。
 たとえば、超高速撮像法であるEPI(Echo Planar Imaging)法では、ETS(Echo Train Spacing)が最短0.6msと従来に比べて2分の1(当社比)の時間で撮像できるため、歪みの少ない画像を得ることができます。また、三次元造影ダイナミックMRA(MR Angiography)検査では、繰り返し時間が最短2.6ms(オプション)とより短い間隔で撮像できるため、造影剤が流れる様子をより高い時間分解能で観察することができます。

3.約5倍(当社比)の処理速度による検査の迅速化
 高性能のコンピュータシステムを装備し、画像再構成処理やMRA検査後の画像処理などで約5倍(当社比)の処理速度を提供します。また、磁気ディスクについても大容量化を図り、18GBの容量を標準搭載しています。さらに、画像通信ネットワーク環境としては、より高速な通信が行える100Base-TXを標準で装備しています。
 これらにより、短時間に多量の画像データが発生する最先端の検査においても、迅速な処理が可能です。

4.4チャネルフェーズドアレイシステムを標準装備
 高いS/N比(Signal to Noise Ratio)と広い領域での撮像を両立させる4チャネルフェーズドアレイシステムを標準装備しています。脊椎検査用として、頚椎から腰椎までの広い感度領域を備えたCTL脊椎QDフェーズドアレイコイルを、胸部・腹部などの検査用として、患者への装着性にも優れた腹部フレキシブルコイルをそれぞれ標準装備しています。


 
 
 新製品の主な仕様


  
商  品  名  超電導式磁気共鳴画像診断装置「EXCELART™」
形     式  MRT-2001
磁石システム  超電導1.5T
傾斜磁場システム  最 大 強 度  25mT/m
 最大スリューレート  130mT/m/ms
RFシステム  受信チャネル数  4
 R F コ イ ル  全身QDコイル、頭部QDコイル、CTL脊髄QDフェーズドアレイコイル(4チャネル)、腹部フレキシブルコイル(2チャネル)、各種コイル(オプション)
コンピュータ
システム
 C  P  U  RISC型64ビット
 動 作 周 波 数  300MHz
 メ モ リ 容 量  512MB
 磁気ディスク容量  18GB(アンフォーマット)
 ネットワーク 接 続  100Base-TX
患者アメニティ
システム
 静 音 化 機 構  Pianissimo™機構(傾斜磁場コイルの真空封入構造および独立支持構造)
 検 査 空 間  患者開口径:655mm
全身コイル内径:600mm
 そ の 他  双方向音声通話機能、照明・送風機能等
撮像パラメータ  最 短 繰 返 時 間  2.6ms(オプション)
 最短エコー時間  0.9ms(オプション)
 最短ETS(EPI法)  0.6ms
 最短ETS(FASE法)  4.0ms
医療用具承認番号  21200BZZ00079000

以 上




当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。