ニュースリリース

2001.10.15


世界最大厚の1インチ検出器を搭載した
コインシデンス機能付*1デジタルガンマカメラの販売について
~ FDG*2による癌検査における感度を3倍向上、
癌の検査時間を約3割短縮*3 ~


 株式会社東芝 医用システム社(カンパニー社長:桂田昌生)は、体内に投与された放射性医薬品から放出される放射線を測定・画像化するコインシデンス機能付(*1)デジタルガンマカメラの新製品として、世界最大厚の1インチ検出器を搭載した「e.cam」(イー・カム)を製品化し、本日より営業活動を開始します。

 新製品は、世界最大厚の1インチ検出器を搭載することによって、世界中で注目されているFDG(*2)による癌検査における感度を従来比3倍以上に向上させ(*3)、精細な画像を実現しました。また、従来の放射性医薬品を用いた癌の検査時間を従来比約3割短縮しています(*3)

 近年、癌の検査としてFDGを使用する方法がスクリーニングおよび経過観察の大変優れた診断方法として高い評価を得ています。
当初この検査は、高価なPET(ポジトロン・エミッションCT)装置でのみ実施することができましたが、現在はPET装置に対して比較的安価なコインシデンス機能付デジタルガンマカメラでも対応可能な装置が販売されています。
 新製品は、検出器を改良することによって、FDGによる感度を従来比3倍以上に向上させて精細な画像を実現するととともに、従来の放射性医薬品を用いた癌の検査時間も約3割短縮し、患者の負担を低減します。
新製品の本体価格は1億9千万円で、年間10台の販売を目標としており、販売は東芝メディカル株式会社が担当します。

*1 コインシデンス機能とは、体内に投与されたポジトロン(陽電子。ガンマ線を放出する。)放出核種で標識された放射性医薬品から放出される放射線を対向する2個の検出器で測定し画像化する機能であり、脳、心筋や腫瘍の検査等に有用であるとして注目されています。
  *2 ブドウ糖にポジトロン核種のF-18を標識した製剤で、全身のがん組織、脳細胞の糖代謝、心筋梗塞を起こした心筋部位の生存している細胞の有無(バイアビリティ)などを調べることができる放射性医薬品。
  *3 当社従来製品e.cam(5/8インチタイプ)との比較。

1.商品化の背景

 ガンマカメラとは、体内に投与した放射性同位元素から放出されるガンマ線をとらえて画像にする装置です。体内に投与する放射性同位元素にさまざまな化合物を結合することにより、癌に集まりやすい薬や、生きている心臓の筋肉に集まる薬など、検査目的に応じた薬を作ることができます。これにより、全身に転移している癌細胞の分布の観察や、心筋梗塞を起こした後の心筋のダメージ状態などを観察できます。これらは、CTやMRI検査ではなかなかわからない情報であり、ガンマカメラによる画像は、機能画像と呼ばれ、主に解剖学的な情報を提供するほかの画像診断とは異なる重要な検査法として重宝されています。

 1998年に米国で放射性同位元素(ポジトロン)放出核種であるFDGが保険適応になり、現在このFDGを使用した癌の検査が、スクリーニングおよび経過観察の大変すぐれた診断方法として極めて高い評価を得ています。
 このような状況において、東芝は、従来のコインシデンス機能付きガンマカメラに比べて、FDGの検査結果を精細な画像の検査時間を大幅に短縮できる装置として新製品を販売します。



2.新製品の主な特長

1. 世界初の1インチ検出器により、従来のコインシデンス機能付きガンマカメラ(5/8インチ
タイプ)に比べて、FDG検査の感度が3倍以上向上するため、検査時間の大幅短縮と画質の向上が可能になります。
2. 従来の癌の検査においても、当社従来装置に比べて感度が2倍程度向上するため、検査時間を短縮し、患者の負担を低減することができます。
3. 癌の検査だけでなく、心臓、脳、その他の検査においても、高品質な画像を提供することができます。


3.新技術の主な仕様

検出器有効視野 52.8cm×37.7cm
シンチレータ厚 1インチ
検出器数 2個
検出器配置 180度対向、90度、76度鋭角
寝台最低高 約48cm
天板厚 2.54mm
コインシデンス機能 有り
OS Windows®NT4.0日本語版
CPU PentiumIII 800MHz2ユニット
メモリ 512MB
磁気ディスク 18GB
補助記憶媒体 CD-R(オプション)
DICOM MWM、Storage、Q&R、MediaStorge、MPPS
* Microsoft  Windowsは米国マイクロソフト社の米国及び他の諸国における登録商標です。


以 上

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。