ニュースリリース

2002.01.21

富士写真光機株式会社
東芝メディカル株式会社
株式会社 東芝

内視鏡事業の提携について


 富士写真フイルム株式会社のグループ会社である富士写真光機株式会社(以下フジノン=富士写真光機株式会社のブランド名)と、東芝メディカル株式会社(以下、東芝メディカル)および株式会社東芝(以下、東芝)は、内視鏡事業の強化・拡大を図る目的で、以下の提携について合意しました。

 提携の内容は、3社の共同出資による国内向け内視鏡製品の販売合弁会社設立、開発体制の統合、技術提携体制の強化などです。

 提携後の製品開発では、フジノンの強みである光学技術、精密機構技術と東芝の強みである電子技術、画像処理技術を融合させた競争力の高い新商品の開発をするとともに、商品ラインナップの充実を目指します。
 なお、提携後の新商品は新ブランド「FTS」として発売します。

 また、フジノンと東芝は、内視鏡に関して広範囲な技術提携を進め、東芝の超音波応用技術、デジタルファイリング・システム技術、PACS技術等を内視鏡技術に応用し、内視鏡製品の強化を図ります。さらに、両社は内視鏡製品の周辺事業領域へ積極的に進出を図り、顧客へのトータルソリューションの提供を強化していきます。

 提携後の国内向け内視鏡製品は、3社の共同出資によって設立する販売合弁会社により、従来の販売窓口であるフジノン代理店ルートならびに東芝メディカルおよび同社代理店ルートを経由して販売します。これにより、これまで比較的中・小病院、開業医層の顧客中心に活動をしてきたフジノンの販売ルートと、画像診断機器の国内販売で大・中規模病院に強い東芝メディカルの販売ルートを活用することによって、日本全国の医療機関顧客をカバーする販売体制となります。
さらに、既納商品および新ブランド商品の保守・サービスについても、新会社の代理店、東芝メディカルとその代理店がそれぞれ顧客の直接の窓口となり、地域に密着したスピーディーな対応を行います。新会社は、これらの保守・サービス網を積極的にバックアップする体制を整備します。

 これらフジノンと東芝の事業提携効果を最大限に発揮するため、東芝の内視鏡開発部門をフジノンに移管するとともに、フジノンと東芝メディカルの内視鏡国内販売部門を販売合弁会社に移管します。
 販売合弁会社は、本年3月1日に設立、4月1日をめどに事業を開始する予定です。設立後2年目である2004年度には100億円超の売上高をめざします。



新会社概要

会社名 :フジノン東芝ESシステム株式会社(予定)
 (登録商号: フジノン東芝イーエスシステム株式会社)
 (英文名 : Fujinon Toshiba ES Systems Co., Ltd.)



商標 FTS

社長 山田 進

本社所在地 東京都文京区湯島2-18-6

資本金 2億円

出資構成

富士写真光機 60%、 東芝メディカル 30%、 東芝 10%

主な事業内容 内視鏡およびその関連商品の日本国内における販売・サービス

人員 :70名

設立年月日 :2002年3月1日

事業開始日 :2002年4月1日
 


以 上

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。