ニュースリリース

2002.08.22

優れた設置性と高画質撮影を両立した
    フルデジタル遠隔操作式X線透視撮影システム「Winscope2000」の発売について


 株式会社東芝は、X線透視撮影システムとデジタル画像処理装置を組合せたフルデジタル遠隔操作式X線透視撮影システムの新製品として、設置性に優れたコンパクトな寝台と高画質撮影を両立した「Winscope2000」(ウインスコープ2000)を商品化します。国内販売は東芝メディカル株式会社が行い、本日から販売を開始します。

 新製品は、寝台を新たに設計し、設置に必要な天井高さを240cmに抑えるなど、中小病院や検診センターなどに適したコンパクトな構造としています。

 また、X線TVカメラの出力映像信号をデジタル信号に高速変換して画像処理を行うデジタル画像処理(DR:デジタルラジオグラフィー)装置には、画面全体を見やすく補正する独自のデジタル補償フィルタ処理機能を搭載しており、高画質撮影が可能です。

 新製品の国内販売標準価格は7千2百万円で、国内にて販売開始後、1年間で300台の販売を目標としています。

新製品開発の背景と狙い

 遠隔操作式X線透視撮影システムは胃や大腸などの消化管造影検査だけでなく、整形外科、呼吸器科、そして内視鏡併用検査などさまざまな用途に使用されています。国内市場は年間約250億円で、東芝は約50%のシェアを有しています。

 その中でも、コンピュータを使って各種画像処理などを行い、モニター等で診断画像を提供するDR装置については、診断画像の多様化と医療施設のIT化の進展により市場が急速に拡大しつつあり、今後は設置スペースに制限のある中小病院、検診センター、開業病院においても、DR装置の需要が高まるものと予想されます。

 当社は、このようなニーズにいち早く対応し、コンパクトながらも高画質撮影が可能な、フルデジタル遠隔操作式X線透視撮影システム「Winscope2000」を市場に投入することで、既に発売済みの総合病院向け「Winscope4000」と合わせて、DR需要を取り込み、シェアアップを図ります。




新製品の主な特長

1. 優れた設置性

 新製品は、寝台を新たに設計し、必要な天井高さを240cmに抑えたほか、設置に必要な検査室の寸法も3.6m×2.7mと優れた設置性を実現しています。


2.フルデジタルシステム

 X線透視・撮影画像の収集、画像処理および表示をデジタルで行います。これにより、画像の転送/検索、フイルム出力など最適なワークフローによる高スループット処理を実現しています。
 また、アンギオ(血管造影撮影)検査にも対応できる大容量X線管を搭載していますので、デジタル画像処理装置にアンギオパッケージ(オプション)を組合せて、腹部血管造影検査を行なうことも可能としています。

3.デジタル画像処理

 デジタル補償フィルタ処理(DCF:Digital Compensation Filter)により高濃度部と低濃度部が混在する画像でも最適処理を可能としています。高濃度部の潰れて視認できない部分を補正して表現力を向上することで、高画質撮影が可能です。


4.一台で多彩な検査に対応

 寝台部分は片持ち支持方式を採用しているので、足下のクリアランスが十分確保されています。医療従事者は、足元を気にすることなく患者に近づいて検査が行えるので、消化管、外科、胸部一般、内視鏡併用検査、そして腹部血管造影検査など多彩な検査の対応も可能です。


5.ワイドストロークにより広範囲な部位の検査に対応

 映像系は水平/立位で患者の体軸方向に約90cm移動するため、患者を動かすことなく広範囲な部位の撮影ができます。


6. スムーズな動きと騒音の低減

 寝台の起倒動作および映像系の移動にインバータ制御モータ方式を採用しており、コンピュータ制御によるスムーズな加速と減速が可能です。


7. 被写体ぶれの少ない撮影像

 高周波インバータ方式を採用し、低リップルの安定したX線出力が得られます。 同じX線条件でも単相方式に比べて高線量が得られ、撮影時間を短縮できるので被写体の動きの影響が少ない写真が得られます。


8. 遠隔操作および近接操作のいずれにも対応

 透視撮影台の起倒、天板の移動、映像系の移動、X線稼動絞りの開閉、患者の圧迫、および撮影など一連の操作を遠隔操作卓および近接操作卓(オプション)にて操作できます。


9.ラストイメージホールド機能

 透視または撮影の最後の画像を、次の透視・撮影までTVモニタに表示しておくことができます。


10.分割フォーマット別フィルムカウンタ

 分割サイズごとの撮影枚数、および分割撮影における撮影コマ位置を操作パネルにLED表示します。


11.半切判のカセッテ撮影に対応

 半切判(縦)のカセッテ撮影ができます(オプション)。


12.院内ネットワークに対応(オプション)

 DRシステムは、医用画像通信規格の標準となりつつあるDICOM3.0のストレージサービスクラスをサポート。院内ネットワーク(HIS、RIS、PACS)のコネクティビティーをフルに備えています。


新製品の主な仕様

X線管

X線透視撮影台(DBX-2000A)
陽極熱容量
実効焦点サイズ
起倒角度
天板の床上高さ
天板左右動
映像系上下動
カセッテ撮影(オプション)
600kHU
0.4/0.6mm
89°~0°~―30°
86cm
ストローク25cm(±12.5cm)
ストローク90cm
半切判
X線高電圧装置
(KXO-50XM/K2)
高電圧発生方式
短時間定格

長時間定格
高周波インバータ方式
150kV/320mA
 80kV/630mA
125kV/  4mA
デジタル画像処理装置
(ADR-1000A/R1)
デジタルTVカメラ
 解像度
 最大フレームレート
 ビット数
画像記録
 磁気ディスク容量
 画像記録枚数

1024×1024ピクセル
30フレーム/秒
12ビット
20GB
1024²、10ビット、約8500枚


以 上

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。