ニュースリリース

2002.09.09

緊急検査をスムーズに行える中規模病院向け生化学自動分析装置の発売について
― 世界初の「インテリジェントラックサンプラー」により検査の効率化が実現 ―


 当社は、血液などの化学成分を分析する生化学自動分析装置の新製品として、ロボットアーム搬送の採用により処理中の割り込み検査を容易にし、緊急検査を従来方式よりもスムーズに行える生化学自動分析装置「ARCHITECT*1(アーキテクト) c8000」を商品化します。
検査の効率化への要望に応え、新製品は、免疫測定装置と連結できる拡張性をもった設計としています。

 新製品は、ロボットアームで検体を運ぶ世界初の「インテリジェントラックサンプラー」を搭載しています。多数の検査を順次処理しながら、緊急に検査したい検体がセットされると他の検体を飛び越して先頭に運び、割り込み検査を行います。再検査が必要な場合も同様に処理し、すばやく検査を完了することができます。検査が終了した検体は、LEDランプの表示により容易に判別することができます。

 また、新製品は、米国Abbott Laboratories社製の化学発h光免疫測定装置「ARCHITECTアナライザーi2000SR」と連結することが可能で、両装置を連結した場合、生化学検査*2と免疫検査*3を同時に行うことができます。これにより、検査室の環境に応じた検査業務の統合を実現します。

 新製品の販売は東芝ラボメディカル株式会社が担当し、総代理店である東芝メディカル株式会社と連携して、本日から営業活動を開始します。販売に先駆けて、9月11日から13日まで神戸国際展示場で開催される「日本臨床検査自動化学会」に展示します。

 なお、Abbott Laboratories社製の「ARCHITECTアナライザーi2000SR」は、東芝メディカル株式会社と販売協力関係にある、ダイナボット株式会社*4が販売します。

  *1 ARCHITECTは米国のAbbott Laboratories社の登録商標です。
  *2 生化学検査・・・血液や尿などに含まれる化学成分を分析する検査
  *3 免疫検査・・・感染症の抗体検査や腫瘍マーカなど抗原抗体反応を利用し分析する検査
  *4 ダイナボット株式会社(代表取締役会長 ジェラルド・リマ 東京都港区六本木1-9-9)
            営業内容:診断用医薬品・機器及び治療用具医薬品、医療機器具の輸入、開発、製造、販売、
                 サービス、治療用医薬品、病院用医療器具の輸入、販売
                 (本製品については東芝メディカル株式会社と協力関係にある)
新製品の概要

型 名 国内販売標準価格 初年度販売目標台数
ARCHITECT c8000 5,350万円 50台

商品化の背景と狙い


 血液や尿などの検体成分の測定は、初期診断や経過観察、集団検診など今日全国の病院で幅広く行われています。その検体数の増加と検査項目の拡大により検査処理業務は煩雑化しており、また、検査結果の診療側への即時対応など、医療サービスの向上が求められています。一方、近年では医療費の削減も求められ、医療の質と同時に効率化に優れた装置のニーズが高まっています。
 新製品はこうした市場ニーズに対応し、当社が培った測定技術、機構制御技術などを応用して開発したものです。


新製品の主な特長

1.インテリジェントラックサンプラー(検体ピックアップ方式のサンプラー)の採用

 従来のベルトコンベアー式のサンプラーから脱却し、ロボットアームにより検体をピックアップする世界初の「インテリジェントラックサンプラー」を採用することにより、ルーチン検査を順次処理しながら、緊急検体をスムーズに検査することが可能です。また、オペレータは、操作部へのアクセスなしにサンプル設置が可能となり、再検査においても他の検体に先駆けてサンプリングでき、従来のベルトコンベアや円形のターンテーブルを用いた搬送方式にはない、効率的で迅速な検査が可能です。


2.化学発光免疫測定装置が連結可能

 新製品は、当社と提携関係にある米国Abbott Laboratories社製の化学発光免疫装置と連結することが可能で、生化学検査と免疫検査を同時に行うことで、効率化と省力化を可能にします。これにより、検査室の環境に応じ、検査業務の統合を実現することができます。

3.検査精度の向上

 サンプルプローブにおける検体間の干渉を0.1ppm以下に押さえることにより高感度測定を要求される検査でのデータの信頼性が高まりました。


4.LED表示が可能

 サンプラーに設置されたLED表示により再検査の有無を確認することが出来るので操作性の良さ、検査の効率性を高めることができました。。


5.24時間分析が可能

 ルーチン検査、さらに夜間緊急検査対応など24時間運用が可能です。


6. 高速処理

 最大依頼項目数 206項目・1時間当たり最大1200テストを処理します。


新製品の主な仕様

型名 ARCHITECT c8000
処理速度 最大1200テスト/時(比色+電極)
最大依頼項目数 206項目(比色+電極+計算項目)
最大検体設置数 215検体
その他 *サンプル、試薬のバーコード対応
* 自動希釈機能、自動再検機能、詰まり検知機能
* 電解質標準装備


以 上

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。