ニュースリリース

2003.10.28


福島県 いわき市 松村総合病院様における
東芝製 磁気共鳴イメージング装置の撤去作業中の事故に関する
当社自主調査による原因の推定について


このたびのMRI装置の撤去作業における爆発事故に関しましては、被害にあわれた方々、松村総合病院様並びに病院関係者の皆様に衷心よりお詫び申しあげます。

 現在、当社は社長を本部長とする緊急対策本部を設置し、当局に全面的に協力をしながら事故原因の究明と再発防止策の策定に向けて作業を進めていますが、現時点において推定される原因についてご報告申し上げます。

 本件事故は、MRI装置の撤去作業中に、ヘリウム容器内で液体ヘリウムが気化して急激に膨張し、爆発に至ったものと推定されます。
 ヘリウム容器内においては、通常使用状態で気化したヘリウムは逆止弁で排出されます。液体ヘリウムの気化により内圧が上昇するような場合、安全弁、破裂板で内圧を開放して安全を確保する構造となっております。
しかし、今回は、
(1) 事故前日に通常は取外す事のない破裂板が取り除かれたため、大気(空気)がヘリウム容器内部に吸引されて氷結を起こし、このことがヘリウムガスの排出経路を閉塞し、
(2) 事故当日、その状態で真空バルブを開放した、
この結果、液体ヘリウムが急激に気化、ヘリウム容器の内圧が上昇し、容器そのものが爆発に至った、と推測されます。
 このような状況において、当社は事故原因の解明を急ぐとともに、通常のサービス技術教育に加え、MRI装置のサービス担当者全員に対する緊急安全教育を実施いたしました。

 当社は、引き続き、被害にあわれた方々並びに松村総合病院様に対しまして誠実に対応してまいります。また、本件事故に関する事故原因の調査が完了した時点において、その調査結果を公表いたします。
東芝メディカルシステムズ株式会社
取締役社長 桂田 昌生

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。