ニュースリリース

2004.05.25


第77期決算および役員人事内定の件


東芝メディカルシステムズ株式会社
東芝メディカルシステムズ株式会社(社長:桂田昌生、本社:栃木県大田原市)は、平成16年5月24日(月)に開催された取締役会において、第77期(平成15年4月1日~平成16年3月31日)の決算および役員人事を次のとおり内定しました。
これらの事項は、平成16年6月24日(木)開催予定の定時株主総会および取締役会に報告または付議されます。
1.第77期決算概要
医療業界におきましては、日本市場では総体的に回復の兆候はあるものの、前年度の診療報酬引き下げ、診療報酬の包括評価制度の導入開始による医療機関のコスト意識の高まり、医療費の患者3割負担に伴う受診抑制等により、新規の機器購入投資は依然厳しい状況でありました。また、海外市場については、ここ数年順調に伸びてきた米国市場は成長が鈍化し、欧州市場も停滞気味でありました。
このような事業環境下におきまして、当社は顧客を起点とした市場直結型経営を、より一層グローバルに推進するため、事業企画・開発・製造・海外事業を担当する株式会社東芝 医用システム社と、国内販売・サービスを担当する東芝メディカル株式会社を事業統合し、平成15年10月1日より、「東芝メディカルシステムズ株式会社」としてスタート致しました。 この事業統合と同時に、マーケティング機能強化、販売人員の適正配置やアプリケーション力の強化を柱とした販売・サービス体制の見直し等により、前線営業力の強化を図りました。さらに、顧客情報管理システムの活用により、お客様の声(VOC:ボイス オブ カスタマー)を起点としたすべてのビジネスプロセスのスピードを業界№1にするための事業構造改革を推進することで、経営の効率化、収益性の改善を図りました。 その結果、下半期以降の事業統合分も含め、当期の売上高は190,437百万円(前年同期比26.5%増)、経常利益は2,358百万円(前年同期比58.1%増)となり、増収増益となりました。
売上高 190,437百万円 (前年度 150,530百万円)
経常利益 2,358百万円 (前年度   1,492百万円)
当期利益 853百万円 (前年度 △ 1,108百万円)
(注)第76期(平成14年度)においては、連結納税制度加入に伴い、課税所得が増加し、当期利益が減少しております。
2.役員人事
次の諸氏が定時株主総会において取締役に再任または就任の予定です。さらに、その後開催予定の取締役会において、代表取締役および執行役員に再任または就任の予定です。
(執行役員の役位) ( 職 位 ) ( 前 職 )
代表取締役 社長 桂田 昌生 (再任)
代表取締役 専務 鈴木 義信 (再任)
取締役 上席常務 小松 研一 (再任) 統括技師長
取締役 上席常務 勝俣 健一郎 (再任) マーケティング統括責任者
- 常務 佐藤 寿三 (再任) 東京支社長
- 常務 豊島 達雄 (再任) 経営変革統括責任者
取締役 常務 渋谷 建太郎 (再任) 総務部長
取締役 常務 山野井 俊夫 (再任) 生産統括責任者
取締役 常務 小西 和雄 (再任) 経理部長
取締役 常務 五十嵐 寛光 (新任) 経営監査室長 前東芝アメリカメディカルシステム社社長
- 常務 宮成 専一郎 (新任) 関西支社長 関西支社長
- 常務 三富 道夫 (新任) サービス本部長 サービス本部長
- 常務 鷲尾 信宏 (新任) 営業本部長 営業本部長
取締役(非常勤) 不破 久温 (再任)
監査役 塚田 滋 (任期中)
監査役(非常勤) 井頭 弘 (任期中)
監査役(非常勤) 坂田 邦男 (任期中)
3.退任役員
次の諸氏が定時株主総会終結の時をもって任期満了により退任の予定です。
取 締 役 上席常務 (営業本部担当) 橋野 紘樹 顧問(常勤)に就任予定
常務 (経営監査室長) 伊藤 久嗣 嘱託(非常勤)に就任予定
常務 神近 省吾 嘱託(非常勤)に就任予定
常務 武井 威徳 関係会社経営幹部就任予定
4.人事異動
調達部長 斉藤 公誉 (株)東芝復職(調達部)
調達部参事 尾山 直樹 調達部長
5.関係会社社長人事
平成16年6月24日付をもって次の2社の社長がそれぞれ就任、退任する予定です。
(1)東芝医療用品(株)
取締役社長(新任) 五十嵐 寛光 (東芝メディカルシステムズ(株)
取締役常務経営監査室長のまま)
取締役社長(退任) 藤井 秀徳 (同社嘱託(非常勤)に就任予定)
(2)(株)メディカル サプライ ジャパン
取締役社長(新任) 武井 威徳
取締役社長(退任) 藤井 康男 (同社嘱託(非常勤)に就任予定)

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。