ニュースリリース

2004.06.10


世界初32スライス同時撮影マルチスライスCT
(Aquilion™32列システム)の販売開始
― ボリュームスキャンと低被ばく撮影により、患者さんに更に優しい検査を実現 ―


東芝メディカルシステムズ株式会社
東芝メディカルシステムズ株式会社(社長:桂田昌生 本社:栃木県大田原市)は、医療施設の診断から治療にわたるあらゆるニーズへのトータルソリューションを提供する、国内市場における画像診断システムのトップメーカーです。

当社は、32スライス同時撮影を実現したマルチスライスCTの発売を開始いたしました。
今回発売開始したマルチスライスCTは、フルスキャン0.40秒の高速撮影技術*1と東芝独自の64列検出器を用いた32列同時撮影データ収集、高速画像再構成技術の組合せにより、真のボリュームスキャンを実現いたします。
すでに昨年の11月から国内は藤田保健衛生大学(愛知県)、海外は米国Johns Hopkins大学(メリーランド州)に設置して、製品の完成度を高める評価を行ってきました。

32スライス同時撮影を実現したマルチスライスCTは、患者さんにより優しい設計となっています。
心臓を12秒*1で高画質撮影できるため、心臓・循環器領域への臨床応用が飛躍的に向上します。
0.5mmスライスを使った全肺野の精密検査を13秒で行えます。
1mmスライス厚で1mのスキャン範囲を一回の息止め(20秒)でスキャンできるため、広範囲なアイソトロピック*2、等方性のあるデータを入手することができます。
低線量撮影用画像フィルタである量子フィルタを搭載しています。低線量での撮影でも、画質を維持することが可能です。
撮影中の管電流を細かく調整するReal EC*3機能により、最大50%の被ばく低減が図れます。
撮影スピードと臨床画像精度の向上は、体内の損傷や病変をより明瞭に短時間で容易に提供することを可能とし、特に外傷・小児・重症例患者の診断に役立ちます。
造影剤注入後の最適撮影タイミングを逃がさない「RealPrep™(リアルプレップ)」*4機能との組み合せで、CT撮影での造影剤低減を実現し、患者さんへの侵襲的な手技を回避することが出来るようになります。
インジェクター同期スキャン機能*5を備え、造影剤を使った検査のミス防止に役立ちます。
付帯情報を大きく見やすくまとめた™odeフィルミング*6を備え、フィルムの取り間違えを防止いたします。
(*1)0.40秒回転 フルスキャン0.40秒回転はオプション品です。
(*2)アイソトロピック 「等方性」という意味で、3D画像を作成する時に、使用するデータが、X軸、Y軸、Z軸の各方向ともほぼ同じサイズの立方体として得られること(どの方向にも等質な高い分解能を有するという意味でこの言葉を用いる)。
藤田保健衛生大学 片田教授はマルチスライスシステムが持つべき最も重要な特性として、これを提唱されています。
(*3)RealEC
(Real Exposure Control)
位置決め画像から全スライスが同じ画像SDで画像表示できる最低mAを計算、ヘリカルスキャン中に電流制御を行います。これにより最大50%の被ばく低減が図れます。
(*4)RealPrep
(リアルプレップ)
造影検査の最適タイミングをAutoとManualでセッティングでき、造影剤のタイミングを逃しません。
また、造影タイミングが正確にわかるので、造影剤の総量を減らすことも可能となります。
(*5)インジェクター同期 造影剤の注入とCTスキャンを連動させ、スキャンが止まれば自動的に造影剤の注入が停止します。たたし、接続できるインジェクターに制限があります。
(*6)™odeフィルミング 付帯情報をフィルム上にまとめて見やすく表示します。イメージャーの機種によっては、対応できない場合があります。
Aquilion 32列システム は 0.5mm×64列 の検出器を搭載しており、将来64列システムへのアップグレードを見越して、病院が機器購入を進められるように設計されています。

東芝メディカルシステムズ株式会社は、お客様のニーズにあった質の高い製品を提供することにより、国内CT市場で20年以上連続トップシェアを続けております。今回、Aquilion32列システムを日本で最初に市場に投入することにより、国内では、マルチスライスCT市場で60%以上のトップシェアを継続し、さらに世界でもマルチスライスCTのトップシェアを目指します。
製品名 型名 価格(税別) 販売目標(年間)
Aquilion TSX-101A 16億円 200台(国内)
(医療用具承認番号:21000BZZ00377000)
特長
1. ボリュームスキャン
全身をスキャンしてボリュームデータとして保存、フィルミング、画像転送などが行えます。また、ボリュームデータを部位別の複数の範囲に分けて、個別に再構成条件を指定できます。たとえば、肩から頭頂部まで一気にスキャンして、頭頂部10mmの厚さ、頭蓋底 5mmの厚さ、頚部1mmの厚さで画像再構成することが可能となります。
2. 並列処理(スキャン中も再構成可能)
リアルタイム並列独立処理のプロセッサー技術により、スキャン中も途切れることなく再構成が行えます。最大10枚/秒の超高速再構成技術とあいまって、快適なCT検査ワークフローを提供いたします。
3. 高速ヘリカルスキャン
1回転で、32スライスの同時収集とともに、1回転0.40秒の高速スキャン*1ができます。
0.5mmスライスを使った全肺野の精密検査を13秒で行え、また心臓を12秒*1で高画質撮影できるため、息止め時間の短縮が可能になり、患者さんの負担が軽減されます。
4. 高精度等方性スキャン
一回の息止めだけで全身の様々な部位の様々な検査でも0.5mmおよび1mmを使用したアイソトロピックな高画質画像を入手することができるので、どの角度からでも画質を損なうことなくデータが観察できます。また高精細で、滑らかな3D画像、MPR画像が得られます。
5. 超高精度64列57,344素子検出器
世界最小の0.5mmスライス厚で世界最多の57,344素子検出器を採用し、体軸方向に32 mmの範囲をスライス厚0.5 mmまたは1 mmで32スライス同時スキャンが可能です。さらに検出器に高効率セラミックス材を採用することで、線量を最小限に抑えて高画質を得ることができます。このセラミックス材は、市場最小レベルのノイズ、最高レベルの線量効率を実現し、卓越した低コントラストパフォーマンスを可能にしました。
6. 高画質再構成
東芝は独自のヘリカル・コーンビーム再構成技術をAquilion32列システム用に開発しました。画像再構成面に近いビューのデータのみを取り込むことによって、コーン角度効果を低減しアーチファクトを低減させ、高画質を実現しました。近似再構成技術とは異なって、再構成されたアキシャル像の特性は視野全体に渡って一定であり、画像の精度が向上します。
Aquilion32列システムの主な仕様
型式:TSX-101A
検出器 aaa
スキャン時間 (0.32)、0.5、0.75、1、1.5、2,3秒
(オプション:0.40、0.45、0.6秒)
収集スライス厚 0.5、1、2、3、4、6、8 mm
32列:0.5mm×32、1mm×32、 16列:2mm×16
画像スライス厚 32列:0.5, ,1, 2, 3, 4, 5, 7, 10mm
X線管 容量 7.5MHU(MegaCool)
X線管 冷却効率 1,386KHU/min
X線出力 120KV/500mA
撮影範囲 最大長さ180cm
最大直径50cm
ガントリ開口径 72cm
ガントリチルト角 +/― 30度
画像再構成時間 最短 0.1秒 (10画像/秒) SCAN中も再構成並列処理可能
リアルタイム画像再構成時間 12画像/秒(1スライス512x512再構成時)
磁気ディスク保存容量 生データ720GB(3,600回転分)、画像データ160,000枚
造影剤検知自動スキャン機能 RealPrep標準搭載
3次元処理 高精細ボリュームレンダリング(カラー)機能標準搭載
Aquilion 、RealPrepは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。