ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2008.07.16

「特定健康診査・特定保健指導」に対応した新型総合健診システム『Health support Agent™』の開発について

東芝メディカルシステムズ株式会社(社長:小松 研一 本社:栃木県大田原市)は、メタボリックシンドロームに着目した「特定健康診査・特定保健指導」に対応した新型総合健診システム『Health support Agent™』を開発し、本年度9月から販売を開始いたします。本システムは東京ビッグサイトで7月16日~18日に開催される国際モダンホスピタルショウ2008に展示します。

開発の背景

厚生労働省は、将来の医療費負担を抑えることを目的に2008年度からメタボリック・シンドローム*1の予防・改善を目的とする新しい健診制度を導入、「特定健康診査・特定保健指導」を医療保険者に義務付けました。国民の健康への意識が高まるだけでなく、生活習慣病予備軍をチェックする一次予防の需要がこれまで以上に高まっております。
健診センターにおいては、複雑化、膨大化していく検査データを高速に処理し、受診者情報を的確にしかも安全に管理し、効率的に運用できるシステムが求められています。さらに診療と健診を融合させた高機能クリニックの対応が求められ、モダリティを含めた診断機器の共用利用、がん発見のためのアプリケーションも合わせ持つ必要があります。
東芝は健診システム市場においてはドック施設を中心に約25%のシェアを持ち、トップベンダーのひとつです。また画像診断システムメーカーとして長年の実績があり、医療機関のワークフローやユーザーニーズなどの知識を蓄積しています。Health support Agent™は、1日に20人規模の施設から200人程度の健診施設様向けに『健診に関わる全ての人のために』をコンセプトに開発、システムを使う方にも、健診を受ける方にも快適な環境を提供いたします。
また、高機能クリニック向けに、診療システムとの患者ID情報連携はもとより依頼情報・検査結果連携まで含めた提案が可能です。

Health support Agent™の特徴
  • 1. すべての検査を統合管理
    受診の勧奨、予約などの「事前業務」から、受付、各種データの収集、面接、成績表発行などの「当日業務」、各種統計、フォローアップなどの「後日業務」まで、煩雑な健診の各ステージを的確に管理します。また、東芝製医事会計システムと健診受診者のID情報の連携ができるので、操作の効率化を実現します。
  • 2. 利用者にやさしいインターフェース
    業務毎に取り扱う情報を整理し、操作項目を一つの画面に集約、初めて使用される方にもわかりやすい画面デザインになっています。また、視認性の高い色とアイコンを使用したことにより、直感的な操作を可能とします。
  • 3. 医療の質を向上
    東芝医用画像管理システム(PACS)“Rapideye™”と組み合わせることにより、フィルムレス運用の画像統合型健診システム“健診PACS”へ発展することができます。このトータルシステムにより、検査、読影の各業務をさらに効率よくサポートするのはもちろん、受診者の前回、今回画像をビューアに表示し読影できるので、検査の質が向上します。
    しかも、データのトレンドグラフ、Web参照画像・所見を受診者にわかりやすく画面上に表示するなど、効果的な指導が行えるのでインフォームドコンセントの質を高めます。
  • 4. 特定健康診査・特定保健指導に対応
    厚生労働省から「標準的な健診・保健指導プログラム」で示された、メタボリック・シンドロームの診断結果を階層化し、保健指導対象者を的確に抽出します。また保健指導については、特定健診結果を基に健康度合を評価する仕組みとしてワークフロー管理を実現させ、支援スケジュール、行動計画表の作成から指導内容の登録が可能です。
  • 5. 安心のセキュリティー機能
    操作者の権限管理機能により、業務の起動制限、業務内の操作制限ができ、担当者毎のメニューが作成できます。また、データの登録、変更、削除、表示、出力の各操作における履歴管理が可能で、情報の漏洩を防止できます。

東芝メディカルシステムズ株式会社は、画像診断システムのリーディングカンパニーとして疾病の早期発見のためのスクリーニング、診断から治療、治療後のフォローアップまで、医療施設におけるワークフロー全般に関するあらゆるニーズへのトータルソリューションを提供します。当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)を通じ、かけがえのない命とお客様の発展に役立つよう、一層の活動を進めてまいります。

  • *1:メタボリック・シンドロームは、内臓に脂肪がたまり(腹部の肥満)、高血圧や高血糖、高脂血症などの症状が一度に複数出ること。「メタボリック」は「代謝」の意味で、代謝異常が起きていることを示します。メタボリック・シンドロームは心筋梗塞(こうそく)や脳卒中など、死に直結しやすい生活習慣病の引き金になるといわれています。
商品名、価格、販売目標
商品名 価格(ドック1日20人規模の場合) 販売目標(年間)
Health support Agent™ 2,000万円~ 50台

※Health support Agent、Rapideye 、Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

本資料に関するお問合せ先
東芝メディカルシステムズ株式会社 本社広報室 TEL:0287(26)6775
東京本社広報室 TEL:03(3818)2040
新製品に関するお問合せ先
東芝メディカルシステムズ株式会社 SI事業部 TEL:03(5783)1611

以上

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。