ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2008.11.21

バルコ社の医用3次元画像処理システム部門の買収について

東芝メディカルシステムズ株式会社(社長: 小松 研一こまつ けんいち) 本社:栃木県大田原市)と英国エジンバラ子会社のToshiba Medical Visualization Systems Europe, Ltd. (東芝メディカル ビジュアライゼーション システムズ・ヨーロッパ社、以下、TMVS)は、ベルギー法人バルコ(Barco nv)社と、同社のメディカル事業の一部であるAdvanced Visualization Imaging System部門(アドバンスト ビジュアライゼーション イメージング システム部門 以下、AVIS)の資産買収に関する契約を締結いたしました。この契約によりTMVSはAVISの資産を継承します。

当社は、医用画像診断機器分野における世界市場ではCTを中心にトップグループに位置しております。 AVISは、英国エジンバラにて3次元画像処理システムを開発、製造、販売している事業部門で、当社は10年前よりAVISと医用3次元画像処理技術に関する共同開発を通して緊密な関係を築いてきました。

この買収により、AVISが保有する先端的な3次元画像処理技術を当社グループ内に取り組み、当社の事業の競争優位性(テクノロジー・リーダーシップ)を一層強化していきます。

東芝メディカルシステムズ株式会社について
  • 東芝メディカルシステムズ株式会社は、疾病の早期発見のためのスクリーニング、診断から治療、治療後のフォローアップまで、医療施設におけるワークフロー全般に関するあらゆるニーズへのトータルソリューションを提供する国内市場における画像診断システムのトップメーカーです。当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)を通じ、かけがえのない命とお客様の成長・成功に役立つよう、一層の活動を進めてまいります。
本資料に関するお問い合わせ先
東芝メディカルシステムズ株式会社 本社広報室 TEL:0287(26)6775
東京本社広報室 TEL:03(3818)2040

※Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

以上

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。