ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2010.04.09

国際医用画像総合展 ITEM2010 東芝メディカルシステムズ出展のご案内

当社は4月9日(金)~11日(日)パシフィコ横浜において開催される「国際医用画像総合展(ITEM2010)」に出展すると共に、日本医学放射線学会、日本放射線技術学会との共催によるセミナーを開催させて頂きます。
国内では4月から診療報酬改定が施行され、米国でも医療改革法が成立するなど、医療を取り巻く環境は大きく変化しています。少子高齢化が進む中、周産期、がん治療、救急など医療への関心が高まる一方で、安心・安全に配慮した医療の実現も求められています。
東芝はこうした医療の変化に最新の医療技術でお応えします。東芝ブースでは患者さんの負担の低減、各種モダリティによる治療支援、医療効率の向上を実現する最新技術など、「Viewing More is Doing Better-もっと診えれば、もっと変わる-」をテーマに、最新の画像診断システムや医療情報システムが提供する様々なソリューションをご紹介します。

主な出展内容
Vantage Titan™ 3T

国内初登場のOpen Bore 3テスラMRIシステム「Vantage Titan™ 3T」はマグネット開口径71cm、検査空間を従来比1.3倍(面積比)に広げました。患者さんの体型にとらわれず磁場均一性を確保しながら自由な撮影体位での検査が可能です。また、均一なRF照射を実現したMulti-Phase Transmission(マルチフェーズ・トランスミッション)により、体幹部、四肢の全身検査や非造影MRAの適応が容易になりました。もちろん、高い評価をいただいている静音化技術「Pianissimo™」も搭載。世界最広クラスの開口径がもたらすと期待される多様な臨床領域と臨床的有用性をご紹介いたします。
 また、開口径71cmのOpen Boreタイプに1.5テスラもラインアップしました。東芝独自の非造影MR技術により全身の血管を描出します。

Aquilion ONE™

Aquilion ONE™は160列(320スライス)ボリュームヘリカルスキャン、心筋パーフュージョン、ボディパーフュージョンなどを可能としたVolume Evolution Editionを展示します。1回転で160mmの広範囲な撮影を可能にするエリアディテクタは撮影時間や被ばく、造影剤を低減、患者さんの負担を軽減します。東芝が取り組む様々なアプリケーション技術を豊富な最新臨床データとともにご紹介します。また、160列ボリュームヘリカルスキャンによる体幹部の広範囲撮影や救急撮影などを想定した高速スキャンのデモンストレーションを予定しています。

Infinix Celeve™-i INFX-8000V(カテーテル寝台組み合わせタイプ)

心臓・血管領域では、外科手術とカテーテルによる内科的血管内治療を組み合わせた治療アプローチをもたらしたハイブリッド手技が注目を集めています。今回展示するのは医療スタッフの最適な施術空間と正確な診断・治療を可能とするマルチアクセスアームを持ったアンギオとチルティング可能なカテーテルテーブルを組み合わせたハイブリッド手技に対応したシステムです。手術室を想定した広いスペースで術者の動きを制限しないCアームの動き、様々なアプローチを可能とする専用寝台をご覧ください。
また、東芝独自の画像処理コンセプト「PureBrain™」はノイズを低減しながら残像が少なく、検査・治療におけるクリアな透視画像を提供します。その高精細な画質をブースにてご紹介いたします。

ヘルスケアITソリューション

2020年に向けた政府のIT戦略骨子案の柱として掲げられた医療分野のIT化。これまで以上に電子化に注目が集まると予想されます。とりわけ医療効率の向上や安心・安全のためには医療ITが大変重要な役割を果たします。東芝は院内の部門連携・情報統合はじめ地域医療連携をサポートする医療情報システムにより、将来を見越した様々なソリューションをご紹介いたします。

RIS(画像診断部門支援システム):RapideyeAgent™

オーダリングシステム連携による依頼票レス化や、受付票やリストバンドバーコードを駆使した患者さんの取り違えを防止など、質の高い検査の実施をサポートします。さらに、治療部門のシステム化にも対応しており、放射線部門全体のソリューションをご提供します。

PACS(医用画像管理システム):RapideyeCore™

院内のさまざまな画像情報を統合管理可能な次世代型フィルムレスソリューションシステムです。画像参照ばかりでなく、臨床現場に合わせて最適なソリューションを柔軟に組み合わせ、インフォームドコンセントやカンファレンス、手術や回診に対応します。

HIS(病院情報システム):HAPPY™ CLIOS-ER

中小規模病院向け電子カルテシステムです。患者情報を一元管理し、医用画像システムとのスムーズな連携により、わかりやすいインフォームドコンセントをサポートします。

承認番号・認証番号 一覧
販売名 番号 ペットネーム
東芝MRI Vantage Titan 3T MRT-3010 222ADBZX00004000 Vantage Titan 3T
東芝MRI Vantage Titan MRT-2004 221ADBZX00094000 Vantage Titan
東芝スキャナ Aquilion ONE TSX-301A 219ACBZX00029000 Aquilion ONE
X線循環器診断システム Infinix Celeve-i INFX-8000V 218ACBZX00001000 Infinix Celeve-i

●「Made for Life」、「Infinix Celeve」、「PureBrain」、「Aquilion ONE」、「Aquilion」、「Vantage Titan」、「Pianissimo」、「RapideyeCore」、「Rapideye」、「RapideyeAgent」は東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。
●「HAPPY」、「HAPPY CLIOS」は東芝住電医療情報システムズ株式会社の商標です。
● 掲載の商品の名称は、それぞれ各社商標として使用している場合があります。

【東芝メディカルシステムズについて】
東芝メディカルシステムズ株式会社は、疾病の早期発見のためのスクリーニング、診断から治療、治療後のフォローアップまで、医療施設におけるワークフロー全般に関するあらゆるニーズへのトータルソリューションを提供する国内市場における画像診断システムのトップメーカーです。
当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)を通じ、かけがえのない命とお客様の成長・成功に役立つよう、一層の活動を進めてまいります。

【地球環境への取り組み】
東芝グループの一員である 当社は、「地球内企業」としてより良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムの提供を通じて地球温暖化防止をはじめとし、資源有効活用、化学物質管理を通した地球との共生や豊かな価値の創造のために取り組みます。
(当社環境活動に関して:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/csr/
((株)東芝環境活動に関して:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm)

本件に関するお問い合わせ先
東芝メディカルシステムズ株式会社       広報室 TEL:0287(26)5100

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。