ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2010.04.09

世界最大クラスの開口径、Open Bore MRIシステム
「Vantage Titanシリーズ」の国内販売を開始
~ 大口径3テスラ、1.5テスラ、MRIシステムでラインアップを拡充 ~


Vantage Titan 3T


Vantage Titan

東芝メディカルシステムズ株式会社(社長:小松研一 本社:栃木県大田原市)は、世界最大クラスの開口径71cm Open Bore、3テスラMRIシステム「Vantage Titan™ 3T(バンテージ・タイタン・スリーティー)」、1.5テスラMRIシステム「Vantage Titan(バンテージ・タイタン)」の2機種を4月より販売開始、MRIシステムのラインアップを拡充いたします。なお、「Vantage Titan 3T」は、2010国際医用画像総合展に出展いたします。

新製品開発の背景

MRIは、X線の被ばくなしに自由な断面を撮像するだけでなく、造影剤を用いずに血管や膵管、胆管などの管腔も描出できることから、非侵襲的な検査として幅広く医療の現場で活用されています。一方、検査中の騒音、狭い検査空間など、患者さんに対する心身の負担や大きな体格の患者さんは検査が困難であるといった問題もあり、検査環境の改善が強く求められています。また、臨床の現場では、より高精細な画像も必要とされています。当社は、様々な患者さんに、よりやさしい検査を提供し、同時に高精細画像へのニーズにも応えるため、「Vantage Titanシリーズ」として3テスラ、1.5テスラ2機種の大口径Open Bore MRIを開発いたしました。

新製品の特長

新製品の「Vantage Titanシリーズ」では、患者さんが入る検査空間を従来比1.3倍(面積)に広げ、開口径を71cmとしました。従来、検査が困難であった体の大きな方や腰の曲がった方、仰向け姿勢の困難な方など様々な患者さんの検査が可能となります。また、東芝独自の技術である静音化機構Pianissimo™も搭載し、より快適に検査を受けていただくことができます。臨床面においては、造影剤を用いない非造影MRA検査によって、患者さんに対する負担の少ない血管の検査を受けていただくことができます。また、マルチチャネルコイルを接続できるAtlas SPEEDER™回路の搭載により、画質をキープしながら広領域の撮像を実現することで、検査スループットを大幅にアップし、MRIの稼働効率を向上、患者さんの待ち時間も低減させることができます。

「Vantage Titan」の新技術
  • Slim Gradient(スリム・グラディエント)コイル
    性能を落とすことなく広い検査空間を提供します。従来、検査空間の拡大は臨床性能に影響するマグネットの広口径化によるものでした。「Vantage Titan」ではマグネットは従来のままとし、その他の部分をスリム化すること(Slim Gradientコイルの開発・搭載)で開口径71cm Open Boreを実現し、開放感と高い臨床性能の両立を可能としました。
「Vantage Titan 3T」の新技術
  • Super Slim Gradient(スーパー・スリム・グラディエント)コイル
    3テスラMRI用のマグネットを広口径化することなく、その他の部分をスリム化(Super Slim Gradientコイルの開発・搭載)することにより「Vantage Titan」と同じ開口径71cm Open Boreを実現。3テスラMRIにおいても、開放感と高い臨床性能の両立を可能としました。
  • Conform(コンフォーム)
    3テスラMRI特有の磁場均一性、RF均一性の問題を解決する新しい技術「Conform」を搭載しました。RF送信にはMulti-Phase Transmission(マルチフェーズ・トランスミッション)を搭載。RFパルスの位相と振幅を制御することにより、均一なRF送信を可能としました。また、磁場均一性に関しては、円柱状に均一性を確保し、広範囲に高い均一性を実現しています。これらの技術の搭載により、高画質な画像を得られるばかりでなく、高磁場で非常に難しいとされていた、躯幹部の検査や非造影MRAの描出も可能としました。これらの技術により、3テスラMRIによるルーチン検査を実施していただけます。
販売名及び医療機器製造販売認証番号
Vantage Titan 3T
販売名 東芝MRI Vantage Titan 3T MRT-3010
認証番号 222ADBZX00004000
Vantage Titan
販売名 東芝MRI Vantage Titan MRT-2004
認証番号 221ADBZX00094000
マルチチャネルコイル

販売名 Atlas SPEEDER スパイン MJAS-147A
Atlas SPEEDER ボディ MJAB-157A
Atlas SPEEDER ヘッド MJAH-127A
認証番号 219AABZX00057000
219AABZX00058000
219AABZX00059000

【東芝メディカルシステムズについて】
東芝メディカルシステムズ株式会社は、疾病の早期発見のためのスクリーニング、診断から治療、治療後のフォローアップまで、医療施設におけるワークフロー全般に関するあらゆるニーズへのトータルソリューションを提供する国内市場における画像診断システムのトップメーカーです。
当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)を通じ、かけがえのない命とお客様の成長・成功に役立つよう、一層の活動を進めてまいります。

【地球環境への取り組み】
東芝グループの一員である 当社は、「地球内企業」としてより良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムの提供を通じて地球温暖化防止をはじめとし、資源有効活用、化学物質管理を通した地球との共生や豊かな価値の創造のために取り組みます。
(当社環境活動に関して:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/csr/
((株)東芝環境活動に関して:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

※Vantage Titan 、Pianissimo、 AtlasSPEEDER 、Made for Life は東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

本資料に関するお問い合わせ
東芝メディカルシステムズ(株)  広報室 0287(26)5100
商品に関するお問い合わせ
東芝メディカルシステムズ(株)  MRI事業部 0287(26)5027

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。