ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2010.05.24

第83期決算、並びに役員人事等内定の件


綱川 智

東芝メディカルシステムズ株式会社(社長:小松研一、本社:栃木県大田原市)は、平成22年5月21日(金)に開催された取締役会において、第83期(平成21年4月1日~平成22年3月31日)の決算および役員人事を次のとおり内定しました。
これらの事項は、平成22年6月24日(木)開催予定の定時株主総会および取締役会に付議されます。

Ⅰ.第83期決算概要

当期は、国内、海外とも米国に端を発する金融危機の影響が続き、世界経済全体が停滞する状況となりました。後半になり、景気回復の兆しは見えてきましたが、未だ不透明感は残っています。
医療業界におきましては、国内市場は、医療機関の経営悪化や、価格重視の医療機器購入と競合による売価ダウンの激化、さらに医療機関の資金不足による買い控え、購入見送りが目立ちました。
欧米でも同様に、経済悪化や病院経営圧迫を理由として市場縮小が継続しました。また、BRICsを中心とする中南米、中近東、アジアなどその他地域では、中国など一部市場で強い購買意欲が示されましたが、全般的に国際経済悪化の影響により市場が停滞しました。為替の円独歩高により、現地通貨では増収でも円通貨ベースでの売上高は低調な結果となりました。
 その結果、全ての事業分野で低調な結果となり、当期の売上高は、260,064百万円(対前年同期3.2%減)、経常利益は、10,840百万円(対前年同期11%減)と、2期連続減収減益の結果となりました。

売上高
260,064百万円
(前年度 268,756百万円)
経常利益
10,840百万円
(前年度  12,212百万円)
当期純利益
6,518百万円
(前年度  8,707百万円)
Ⅱ.役員人事
(取締役・執行役員) (氏  名)   (職位) (前職)
代表取締役 社長 綱川 智 (新任)   取締役上席常務[アクロス推進室、事業推進部、経営企画部、広報室、業務部、海外営業統括部 担当]
取締役 上席常務 木村 達 (再任) 生産統括責任者、SCM統括センター長、品質安全法規統括センター長、品質統括責任者 取締役常務、[事業部グループ 担当]
取締役 上席常務 鷲尾 信宏 (再任)    
取締役 上席常務 朝比奈 宏 (新任) 調達統括責任者、[技術全般、HIS、調達部 担当] 常務、統括技師長、調達統括責任者、[コスト企画担当、知的財産部、技術管理部、調達部、研究開発センター、臨床アプリ研究開発センター 担当]
取締役 常務 小林 一也 (再任)    
取締役 常務 田中 慶二 (新任) 経理部長、J-SOX対応推進部長 (株)東芝
取締役 山野井 俊夫 (再任)    
取締役(非常勤) 島岡 聖也 (新任)   (株)東芝
常務 亀田 泰祐 (再任)    
常務 鬼塚 ひろみ (再任)    
常務 塙 政利 (新任) サービス本部長 社長附
常務 内藏 啓幸 (新任) 統括技師長、研究開発センター長[コスト企画担当、知的財産部、技術管理部、臨床アプリ研究開発センター 担当] 研究開発センター長
常務 信太 泰雄 (新任) CT事業部長、[事業部グループ 担当] CT事業部長
監査役 小柳 順一 (再任)    
監査役(非常勤) 中平 康之 (新任)   (株)東芝
監査役(非常勤) 桑名 環 (再任)    
Ⅲ.退任役員
取締役 上席常務 青山 博 退任後は非常勤嘱託
取締役 常務 谷口 好夫 東芝メディカル製造(株)取締役社長に再任予定
常務   宮成 専一郎 退任後は非常勤嘱託
取締役 (非常勤) 橋本 紀晃  
監査役 (非常勤) 津島 秀夫  

なお、代表取締役社長 小松 研一については、今後、当社相談役ならびに(株)東芝顧問に就任予定

Ⅳ.関係会社社長人事

東芝医用システムエンジニアリング(株) 平成22年6月24日付

取締役社長(新任)内藏 啓幸(現、当社研究開発センター長、同日付で当社常務、統括技師長に新任予定)

以上

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。