ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2010.10.21

東芝3テスラMRI「Vantage Titan™ 3T」が2010年グッドデザイン賞を受賞

Titan3T

LED

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:綱川 智)は、今年発売した超電導式磁気共鳴画像診断装置 東芝MRI Vantage Titan™ 3T において(財)日本産業デザイン振興会主催の「2010年度グッドデザイン賞」を受賞しました。
Vantage Titan™ 3Tは、当社従来製品の2倍の強さとなる3テスラの磁場強度を、国産メーカーで初めて実現しました。3テスラによる高機能、高精細画質へのニーズに応える一方、MRIが患者さんに対して心身ともに与えていた様々な検査の負担を軽減することに努めました。特に開口径については従来装置の65.5cmから71cmに拡大。検査が困難であった体の大きな方や腰の曲がった方、仰向け姿勢の困難な方など様々な患者さんにリラックスして検査を受けていただけます。内部に設置したLED照明と共に開放感が向上しています。更に東芝独自の技術である静音化機構や送風系の改善等と合わせて、患者さんにとって優しい検査環境を目指しました。今回の受賞は『すべては患者さんのために』に基づいた装置設計・システムデザインの考えに、高い評価をいただいたものです。
グッドデザイン賞は1957年、通商産業省が設立した「グッドデザイン商品選定制度」を継承し、1998年に(財)日本産業デザイン振興会がスタートさせたわが国唯一の総合的デザイン評価・推奨制度です。

【東芝メディカルシステムズについて】
東芝メディカルシステムズ株式会社は、疾病の早期発見のためのスクリーニング、診断から治療、治療後のフォローアップまで、医療施設におけるワークフロー全般に関するあらゆるニーズへのトータルソリューションを提供する国内市場における画像診断システムのトップメーカーです。 当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)を通じ、かけがえのない命とお客様の成長・成功に役立つよう、一層の活動を進めてまいります。
東芝メディカルシステムズ(株)ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
東芝グループの一員である 当社は、「地球内企業」としてより良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムの提供を通じて地球温暖化防止をはじめとし、資源有効活用、化学物質管理を通した地球との共生や豊かな価値の創造のために取り組みます。
東芝メディカルシステムズ(株)環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/csr/
(株)東芝環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

※Vantage Titan、Made for Lifeは東芝メディカルシステムズの商標です。

本資料に関するお問合せ先
東芝メディカルシステムズ株式会社 広報室 TEL:0287(26)5100

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。