ニュースリリース

2011.06.17
東芝メディカルシステムズ株式会社

東芝メディカルシステムズによる
米国Vital Images, Inc.の買収完了に関するお知らせ

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市、社長:綱川 智、以下「東芝メディカル」)は、東芝メディカルの買収目的子会社(以下「合併子会社」)を通じた米国バイタル・イメージズ・インク(Vital Images, Inc./本社:ミネソタ州ミネアポリス、CEO:Michael Carrel、以下「バイタル社」)の全発行済普通株式の公開買付け(以下「本公開買付け」)について、本公開買付けに応募していないバイタル社の株主に向けて設定した本公開買付け後のSubsequent Offering Periodが終了しましたので、お知らせします。

その結果、2011年6月15日17時(米国東部時間)のSubsequent Offering Periodの終了時点で、当初の買付け期間(米国東部時間2011年5月11日から2011年6月8日まで)の応募分も合わせ、バイタル社の全発行株式総数の約86.7%に相当する12,253,984株の応募がありました。

さらに合併子会社は、バイタル社の発行した新株を買い付けるオプションを行使することにより、バイタル社の発行済株式総数の90%超を取得しました。その上で東芝メディカルは2011年6月16日(米国東部時間)、ミネソタ州法に従い、バイタル社と合併子会社との簡易合併(株主総会を開催しない合併手続き、Short Form Merger)を行い、総額約273百万ドルの現金によるバイタル社の買収を同日中に完了し、バイタル社は東芝メディカルの完全子会社となりました。同日をもって、本公開買付けに応募されなかったバイタル社の株式は、本公開買付けにおける買取り価格と同額の一株当たり18.75ドルの現金を受け取る権利に転換されました。

なお、本合併の結果、バイタル社株式のNASDAQ市場での取引は停止されることになります。

今後、東芝メディカルはバイタル社の技術との融合を実現し、画像ソリューション事業を強化することで、グローバル市場で求められている先進の画像診断解析ソフトウエアや画像ソリューションを医療従事者や医療ITプロバイダーに提供してまいります。

東芝メディカルシステムズ株式会社について

東芝メディカルは、株式会社東芝の医用システム部門が独立して2003年10月に設立され、CT、X線、血管診断、超音波、放射線治療、MRI及び医療情報システムなど、画像診断装置と各種医療ソリューションを提供する世界的なリーディング・カンパニーです。東芝メディカルはこれらの製品を80年以上にわたって供給しています。

株式会社東芝は、技術、エレクトロニクス、電気製品、デジタル商品、電気機器及び部品、電力システム、産業用及び社会インフラシステム、家庭電化製品の世界的なリーディング・カンパニーです。株式会社東芝は1875年に設立され、490社を超えるグローバル・ネットワークを運営し、世界に203,000名の従業員を擁し、年間売上高は770億米ドルを超えます。

将来見通しに関する注意事項

本プレスリリースには、過去の事実に関する記述ではない、将来の見通しに関する記述が含まれており、ここで記述されている内容と実際の結果が大きく異なるリスクと不確実性があります。過去の事実以外の記述は、すべて将来の見通しに関する記述とみなすことができます。将来の見通しに関するすべての記述は、実体的なリスクや不確実性に左右される将来の事象、承認及び取引に関する現在の期待や考えに基づいています。本プレスリリースの将来見通しに関する記述は、本リリースの日付時点のものであり、東芝メディカルは、今後発生する事象や状況を反映してこれらの記述を更新する義務を負うものではありません。

連絡先:
Rachel Stuht
Phone: +1-714-669-7623
E-mail: rstuht@tams.com
Hiroyuki Tachikawa
Phone: 0287-26-5100
E-mail: hiroyuki.tachikawa@toshiba.co.jp
本資料に関するお問い合わせ
東芝メディカルシステムズ株式会社 広報室 TEL:0287(26)5100

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。