ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2011.07.13

フロスト&サリバン社の「2011年 日本 超音波装置 最優秀企業賞」を受賞
~超音波装置市場における当社の実績に高評価~

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:綱川 智)は、国際的なコンサルタント会社であるフロスト&サリバン社が選出する「2011年 日本 超音波装置 最優秀企業賞(2011 Japan Ultrasound Company of the Year)」を受賞しました。
本賞は日本の超音波装置市場への影響力をもつ企業に対して贈られるもので、当社の長年に渡る販売実績と、超音波の分野でのイノベーション、サービス品質、環境に配慮した製品の研究・開発及び市場への導入が高く評価されました。

イノベーション商品の市場投入として評価されたAplio™ MX(2009年10月より発売開始、約2000台の販売実績)は、最新のテクノロジーをコンパクトなボディに搭載し、「人にも環境にもやさしい」をコンセプトに開発した装置です。4Dイメージング機能等の搭載により、診断性能を向上させながら消費電力35%の低減と検査時間の短縮を実現。操作パネルや基板ラック構造のコンパクト化などにより製品質量を32%削減するなど環境負荷の低減を図りました(2001年度自社同等製品比)。
また、当社の経営スローガンである「Made for Life™」を実践する活動の一つとして、3月の東日本大震災における被災地支援のためポータブル超音波システムViamo™を日本赤十字に寄贈しました。それらの企業姿勢に対しても評価いただきました。

おかげさまで今日までに超音波診断システムの出荷台数は22万台を突破いたしました。
今後もイノベーションのさらなる進化とたゆまぬ創出を続け、お客様に高付加価値のある商品・サービスを提供してまいります。

【東芝メディカルシステムズについて】
東芝メディカルシステムズ株式会社は、疾病の早期発見のためのスクリーニング、診断から治療、治療後のフォローアップまで、医療施設におけるワークフロー全般に関するあらゆるニーズへのトータルソリューションを提供する国内市場における画像診断システムのトップメーカーです。 当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)を通じ、かけがえのない命とお客様の成長・成功に役立つよう、一層の活動を進めてまいります。
東芝メディカルシステムズ(株)ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
東芝グループの一員である 当社は、「地球内企業」としてより良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムの提供を通じて地球温暖化防止をはじめとし、資源有効活用、化学物質管理を通した地球との共生や豊かな価値の創造のために取り組みます。
東芝メディカルシステムズ(株)環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/csr/
(株)東芝環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

※「Made for Life」「Viamo」「Aplio」は東芝メディカルシステムズ(株)の商標です。

本資料に関するお問い合わせ先
東芝メディカルシステムズ株式会社 広報室 TEL:0287(26)5100

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。