ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
エレクタ株式会社
2012.07.16

国内初、東芝&エレクタ 放射線治療研修センター開設について
(Toshiba & Elekta Joint Radiation Therapy Training Center)

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市/社長:綱川 智 以下東芝メディカル)とElekta ABの日本法人であるエレクタ株式会社(本社:スウェーデン/社長:Tomas Puuseppトーマス プーセップ、日本本社:東京都港区/社長:Tim Rooney ティム ルーニー 以下エレクタ)は、東芝メディカル本社敷地内に「東芝&エレクタ 放射線治療研修センター」(Toshiba & Elekta Joint Radiation Therapy Training Center)を開設しました。
両社は2010年10月エレクタ社リニアックの国内における販売契約を締結し、国内市場に放射線治療の新たなソリューションを提供しています。この度開設した研修センターは、エレクタ社のリニアックと東芝のラージボアCTを同室に設置し、ユーザー環境に極めて近い設備環境の中、実際に治療ビームを出力しながら研修することができる、国内初の施設です。

昨今のがん患者増加に伴い、がん周囲の臓器への影響を避けつつ病巣に効率良く照射を行う、高精度放射線治療への期待が一層高まってきています。一方、放射線治療では、さらなる安全性向上が求められており、各施設においては品質保証(QA)・品質管理(QC)が重要視されています。
そこで、放射線治療精度の向上と患者さんの医療安全確保のために、本施設では国内を手始めに、アジア地域の医師や技師に最先端のリニアックと放射線治療計画システムをご紹介するほか、実機を用いた様々な研修プログラム提供を計画しています。また、システムを最良の状態でお使いいただくため東芝メディカル・エレクタ両社のサービスエンジニアやアプリケーションスペシャリストなどの社内研修も行います。
なお、国内のお客様向け研修につきましては、システムを導入いただいたお客様を対象とした装置取扱説明や測定ノウハウ、治療器QA/QC基礎などのプログラムを計画しており、8月からは一部のお客様への試行を予定しております。本格稼働は2013年4月以降の予定です。

放射線治療研修センター開所式
本日(2012年7月16日)開催した本センター開所式の模様
(左から順に)
 公益社団法人 日本放射線技術学会 放射線治療分科会長 奥村 雅彦 先生
 公益社団法人 日本放射線腫瘍学会(JASTRO)専務理事 早川 和重 先生
 東芝メディカルシステムズ 代表取締役社長 綱川 智
 エレクタ本社 社長・CEO Tomas Puusepp
 一般社団法人 日本医学物理学会(JSMP)副会長 松本 政雄 先生
 日本放射線治療専門放射線技師認定機構(RTT)理事長 渡邊 良晴 先生
東芝&エレクタ 放射線治療研修センター施設概要
延床面積 420平方メートル
総工費 7億円(設備含む)
最大収容人数 30人

【東芝メディカルシステムズについて】
東芝メディカルシステムズ株式会社は、疾病の早期発見のためのスクリーニング、診断から治療、治療後のフォローアップまで、医療施設におけるワークフロー全般に関するあらゆるニーズへのトータルソリューションを提供する国内市場における画像診断システムのトップメーカーです。
当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)を通じ、かけがえのない命とお客様の成長・成功に役立つよう、一層の活動を進めてまいります。
東芝メディカルシステムズ(株)ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【エレクタについて】
エレクタ株式会社は、がんや脳疾患の治療分野で卓越したイノベーションやクリニカルソリューションを他に先駆けて提供してきた、ヒューマンケアにおけるグローバル企業です。当社は放射線治療やラジオサージャリーのための先端技術を駆使して高機能の治療装置や治療計画システムを開発し、さらにはがん治療全体のワークフローを強化し効率化するアプリケーションも開発いたしました。
トータルソリューションの提案によって、がんと闘う日本の医療従事者から選ばれるパートナーとなり、技術革新とコラボレーションを通してがん治療の発展に貢献することが、当社のビジョンです。
エレクタ株式会社ホームページ:http://www.elekta.co.jp/

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。