ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2013.03.15

東芝メディカルシステムズ、医療機器のブラジル工場を稼働

>東芝メディカルシステムズ、医療機器のブラジル工場を稼働

>東芝メディカルシステムズ、医療機器のブラジル工場を稼働

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:綱川 智)は、ブラジル サンパウロ州カンピーナスに設立したブラジル工場の稼働を開始し、3月13日(水)(現地時間)に開所式を開催しました。

当社は1974年に東芝メディカル・ド・ブラジル社(本社:サンパウロ州バルエリ 社長:Gerardo Schattenhofer)を設立し、現地法人を通じて南米地域へ東芝の医療機器の販売・サービスを行なっています。ブラジルを中心とする南米のヘルスケア市場は、医療の高度化や医療インフラ整備の進展に伴い堅調な成長が期待されています。一方で、ブラジル市場へのアクセスを拡大するためには、医療機器の関税引き上げなどの政府の国産品優遇政策への対応が課題となっていました。
今般、当社は上記現地法人に生産部門を設立し、ブラジル工場を立ち上げました。同工場では、同国政府のPPB(基本製造工程)認可を受けて、ブラジル国産品としてCT、超音波診断システムを生産します。超音波診断システムの生産におけるPPB認可取得は、当社が初のケースとなります。今後ブラジル国内での部品調達を推進しつつ、日本と同レベルの高い品質管理のもと、コストパフォーマンスの高い、安心・安全な医療機器を南米市場へ供給してまいります。

新会社概要
場所 サンパウロ州 カンピーナス市
生産機種 CT :
Activion™ 16、Alexion™ /Advance Edition、Alexion™/Access Edition
超音波診断システム :
Aplio™ 300、Aplio™ 400
敷地面積 約2,500㎡

【東芝メディカルシステムズについて】
東芝メディカルシステムズ株式会社は、疾病の早期発見のためのスクリーニング、診断から治療、治療後のフォローアップまで、医療施設におけるワークフロー全般に関するあらゆるニーズへのトータルソリューションを提供する国内市場における画像診断システムのトップメーカーです。
当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)を通じ、かけがえのない命とお客様の成長・成功に役立つよう、一層の活動を進めてまいります。
東芝メディカルシステムズ(株)ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
東芝グループの一員である当社は、「地球内企業」としてより良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムの提供を通じて地球温暖化防止をはじめとし、資源有効活用、化学物質管理を通した地球との共生や豊かな価値の創造のために取り組みます。
東芝メディカルシステムズ(株)環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/
(株)東芝環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

※※Activion、Alexion、Advance Edition、Access Edition、Aplio、Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ(株)の商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。