ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2013.11.28

きれい、簡単、コンパクトを実現させる1.5テスラ MRI装置
「Vantage Elan」の国内販売開始について

Vantage Elan

Vantage Elan™

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:綱川 智)は、高画質、簡単、省スペース、省電力の全てを実現させたNext Generation 1.5テスラMRI装置「Vantage Elan™」(ヴァンテージ エラン)を本日より国内販売を開始します。本新製品は1.5テスラ MRI装置が実現する画像診断性能と人にやさしい検査環境、コストパフォーマンスを高いレベルで実現したMRI装置です。
12月1日から米国シカゴで開催される北米放射線学会(RSNA2013)で展示します。

開発の背景

画像診断におけるMR検査は、被ばくの心配がないことから、脳神経領域・整形外科領域をはじめとする広い臨床分野で幅広く使われています。近年、形態診断としての用途から機能診断に用いられ、経過観察を一貫して行うことができる最新のアプリケーションの対応が可能となり、さらに検査使用機会も増えてきています。
しかしながら、これまでの超電導タイプのMRI装置は、漏洩磁場の関係や大型ユニットを伴うことから広い設置スペースが必要であったり、高磁場MRI装置になるほど電力消費量がかさみランニングコストがかかるなど、導入の妨げとなっていました。また、本格的な騒音対策を搭載していない装置でのMRI検査は、検査時に発生する騒音が高磁場になるほど増大し、検査を受ける患者さんにとって深刻な問題となっています。
これらの問題を解決すべく、少ない設置スペースでも1.5テスラの高画質画像が提供でき、ランニングコストや検査に伴う大騒音も抑制される、1.5テスラMRI装置を開発しました。

新製品の特長
・最新のSPEEDER技術対応

複数の受信コイルを同時に接続することができるMulti Platform RF Systemを採用。接続可能な受信コイルとして「Octave SPEEDER™(オクターブスピーダー)」(オプション)を使用することができます。このコイルは複数のエレメント(素子)が存在する高感度フェーズドコイルタイプで、高S/N比が得られます。また、体格や臓器の大きさ・位置などに応じ、各受信素子の口径と配列を最適化することで検査部位に応じて、容易にセッティングが行えます。各部位ごとに受信コイルを揃えなければならない従来のコイルシステムから開放され、高画質で簡単な検査環境を実現します。

・短時間&高精度な位置決めを実現するNeuroLine、SpineLine、CardioLine(オプション)

頭部や脊椎の形状を解析し、各断面の位置決めROI設定をアシストする機能、頭部検査で使用するNeuroLine、脊椎検査で使用するSpineLineを搭載しています。検査に必要な位置決め設定時間の短縮化を行い、効率の良い検査を行えます。

・新型静音化機構「Pianissimo Σ」(ピアニッシモ シグマ)を標準搭載

従来から高い評価を頂いている東芝の静音化機構Pianissimo™を継承し、新型装置向けに新たに開発した「Pianissimo Σ」を標準搭載しました。最新の撮像アプリケーションが開発される度に増大する騒音問題、特にEPIに代表される超高速撮像時における騒音など、東芝は常に前向きに取り組み、あらゆる検査に対応できる静音化について新機構を開発しました。患者さんにやさしい静かなMRI検査を提供します。

・省設置スペースを実現

最小設置面積約23㎡と、従来機種(注1)と比較して29%の省スペースを実現しました。システムを制御するユニット数の大幅な削減と、新たな冷却システムによる冷却効率を向上させることで、これまで必要とされていた機械室がなくても設置できます。いままで超電導MRI装置が設置できないと断念されていた場所や、低磁場MRI装置しか設置できなかった場所にも設置可能です。

・徹底した消費電力化を実現

各ユニットの省電力化を実現しました。システム本体と冷凍器を含む電源容量を、1.5テスラMRI装置クラストップの25kVAまで低く抑え、大幅な消費電力抑制を実現。さらに、寝台を下げた時、即座にスタンバイモードに入るなどの「エコモード」を搭載し、徹底した省電力化を図っています。システム最大消費電力量において、従来機種(注1)比較と比較して約50%の削減を実現しました。

・大幅な設置工程の短縮化

ユニット数の削減や搬入方法を見直すことにより、新設の場合、システム搬入後から設置工程を、従来(注1)2~3週間かかっていた工程を最短5日で稼動可能となります。設置に関わるダウンタイムを大幅に短縮しました。

    (注1)EXCELART Vantage™ Powered by Atlas(2007年発売)

販売名 東芝MRI Vantage Elan MRT-2020
医療機器製造販売認証番号 225ADBZX00170000

【東芝メディカルシステムズについて】
東芝メディカルシステムズ株式会社は、疾病のスクリーニング、早期発見のための検査システム、画像診断システムをはじめ、治療や治療後のフォローアップまで、あらゆるニーズへのトータルソリューションを世界130カ国以上に提供しています。
当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)を通じ、かけがえのない命とお客様の成長・成功に役立つよう、一層の活動を進めてまいります。
東芝メディカルシステムズ(株)ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
東芝グループの一員である当社は、「地球内企業」としてより良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
東芝メディカルシステムズ(株)環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/
(株)東芝環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

※Vantage Elan、Octave SPEEDER、Pianissimo、EXCELART Vantage、Made for Lifeは
東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。