ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2014.04.17

JRC2014 CyPos賞にてDoseRite DTSの精度検証演題が金賞を受賞

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:綱川 智)は、第70回日本放射線技術学会総会学術大会(JSRT)にて、「患者皮膚線量表示システムの精度評価」を発表し、CyPos賞金賞を受賞しました。JRC2014(4月10日~13日 横浜)の最終日に授賞式が行われました。

本講演では、X線循環器診断システムInfinix Celeve™-iに組み合わせ可能(注1)な患者入射皮膚線量表示システムDoseRite™ DTS(Dose Tracking System)の線量表示精度を検証し、その結果を発表しています。

DoseRite DTSは患者の局所の入射皮膚線量をシステム内の仮想患者モデルに積算し、その度合いをカラーマップとして3次元的にリアルタイムに表示するもので、術者の被ばくに対する意識喚起につながります。DoseRite DTSにより、安全な手技を提供することが高い評価をいただき、さらなる普及により医療被ばくへの関心が高まることが期待され、今回の受賞につながったと考えています。

本受賞を受け、社長の綱川は「当社は医療システムの開発にあたって、常に患者さん目線に立った人にやさしい技術の開発を心がけています。私達は医療現場の先生方の声を聞き、問題を共有し開発に活かしています。医療被ばくの低減はその重要な課題の一つです。これからも医療に貢献してまいりたいと思います」と、語っています。

DoseRite DTSは昨年10月のComplex Cardiovascular Therapeutics 2013(CCT2013)で初展示し、順次稼働を開始しています。

販売名 アンギオワークステーション XIDF-AWS801
認証番号 224ACBZX00032000
製造販売業者名 東芝メディカルシステムズ株式会社
  • (注1)Infinix Celeve™-iに組み合わせるアンギオワークステーション XIDF-AWS801 に搭載
  • DoseRite DTSの表示例
    DoseRite DTSの表示例

    【東芝メディカルシステムズについて】
    東芝メディカルシステムズ株式会社は、疾病のスクリーニング、早期発見のための検査システム、画像診断システムをはじめ、治療や治療後のフォローアップまで、あらゆるニーズへのトータルソリューションを世界135カ国以上に提供しています。
    当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)を通じ、かけがえのない命とお客様の成長・成功に役立つよう、一層の活動を進めてまいります。
    東芝メディカルシステムズ株式会社 ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

    【地球環境への取り組み】
    東芝グループの一員である当社は、「地球内企業」としてより良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
    東芝メディカルシステムズ株式会社 環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/
    株式会社東芝 環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

    DoseRite、Infinix Celeve、Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

    当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。