ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2014.10.06

一般X線撮影用デジタルラジオグラフィ装置の組み合わせFPDのラインナップを拡充

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、一般撮影におけるデジタル化のニーズに対応するため、新たに、ヨウ化セシウム(CsI)シンチレータを採用した14×17インチカセッテサイズFPD(有線タイプ)、および17×17インチフルサイズFPD(立位撮影台搭載タイプ)を組み合わせた、デジタルラジオグラフィ装置TFD-2010Aを、本日より販売開始します。

組み合わせのFPDは東芝電子管デバイス株式会社製FPDで、従来のガドリニウム系(GOS)シンチレータタイプのFPDに比べ、量子検出効率が高く(DQE 70%以上)感度が高いため、約20%(自社比)の撮影線量低減が可能となり、被検者の被ばく低減を実現します。また、14×17インチカセッテサイズFPD(有線タイプ)は、従来の3.9kgから3.2kgと700gの軽量化を図っており、撮影台から取り外して使用する場合の作業負担も軽減しています。撮影後3秒以内には画像確認が可能で検査効率の向上が図れるとともに、CR(Computed Radiography)と比較して読み取り装置が不要となるため、クリニックなどでは限られたスペースを有効に活用することができます。

17×17インチフルサイズFPDは、上下連動対応形の立位撮影台に搭載して、胸部撮影用のデジタルラジオグラフィ装置として、健診施設を中心とした需要に応えます。

本デジタルラジオグラフィ装置を、ラインナップ豊富な当社のX線撮影装置と組み合わせて導入していただくことにより、適切な線量による最適画像の提供はもとより、一貫したメンテナンス・保守サポートの提供が可能となります。当社は、医療機関における画像診断をトータルでサポートいたします。

TFD-2010A
14×17インチカセッテサイズFPD(左)と17×17インチフルサイズFPD(立位撮影台搭載タイプ)を組み合わせたTFD-2010A

一般的名称 X線平面検出器出力読取式デジタルラジオグラフ
販売名 デジタルラジオグラフィ装置 TFD-2010A
薬事認証番号 222ACBZX00086000

【東芝メディカルシステムズについて】
当社は、株式会社東芝 ヘルスケア社の一員として、疾病の早期診断、早期治療のための患者さんにやさしいさまざまな医療システム・サービスを世界135カ国以上に提供しています。 当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、みんなが健康でいきいき生活できる社会の実現を目指します。
東芝メディカルシステムズ(株)ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
当社は、より良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
東芝メディカルシステムズ(株)環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/
(株)東芝環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

※Made for Life は東芝メディカルシステムズの商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。