ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2014.12.15

マレーシア製造拠点にて超音波診断装置の生産開始

エコプロダクツ大賞ロゴマーク
TMMAで製造を開始したAplio™シリーズ

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、Toshiba Medical Systems Manufacturing Asia SDN. BHD. (和文名称:東芝メディカルシステムズ・アジア製造社 (以下TMMA) 社長:野口 広一 所在地:マレーシア ペナン)にて、本日より操業を開始し、1月よりグローバルに出荷します。TMMAはマレーシア初となる医療用画像診断システム製造法人で、主に超音波診断装置と基板の製造を行います。
TMMAは昨年11月に設立し、製造開始に向けて建屋の構築、製造ラインの構築、製造スタッフのトレーニング等を進めてまいりました。この度、各種許認可の取得が完了し、本日より超音波診断装置(Aplio™シリーズ)の製造を開始します。
今後、来年3月には基板の製造を開始し、7月にはすべての製造ラインの稼働を予定しています。
マレーシアは欧州や中東地域へのグローバルロジスティックスのハブであり、同国で製造することで、グローバル市場のお客様に高品質な製品を迅速に提供することが可能です。また医療機器部品のサプライヤーが成熟する同国での部品調達率を向上させることで、高品質でコスト競争力のある製品を提供することが可能です。 今後2020年までに200人の現地採用を予定しており、TMMAの生産体制を強化してまいります。

東芝メディカルシステムズ・アジア製造社
東芝メディカルシステムズ・アジア製造社 社屋外観

【東芝メディカルシステムズについて】
当社は、株式会社東芝 ヘルスケア社の一員として、疾病の早期診断、早期治療のための患者さんにやさしいさまざまな医療システム・サービスを世界135カ国以上に提供しています。
当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、みんなが健康でいきいき生活できる社会の実現を目指します。
東芝メディカルシステムズ(株)ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
当社は、より良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
東芝メディカルシステムズ(株)環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/
(株)東芝環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

※Aplio、Made for Life は東芝メディカルシステムズの商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。