ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2015.03.04

東芝1.5テスラMRIシステム Vantage Titan最新バージョン M-Power V3.1販売開始

Vantage Titan
Vantage Titan™

東芝メディカルシステムズ株式会社 (本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫) は、東芝MRIのプラットフォームである「M-Power™」の最新バージョン、V3.1を搭載した東芝1.5テスラMRIシステム Vantage Titan™のグローバル販売活動を本日より順次開始いたします。V3.1は、さらなる検査効率とフレキシビリティの向上により快適な検査環境を実現するだけでなく、近年関心が高まるサイバーセキュリティ対策やアラート機能も強化し、安心で確実な検査を実現します。Vantage Titanは、すべての人にやさしいMRI検査を提供します。

開発の背景

Vantage Titanは、MRI装置の問題である狭い検査空間と大きな騒音を克服した装置です。画質に影響を与えることなく大口径化と静音化を実現し、患者さんにやさしい検査環境を提供します。おかげさまで国内の1.5テスラ大口径MRI市場でトップシェアを達成しています(注1)
今回V3.1では、3テスラシステムに搭載されている最新アプリケーションにも対応し、快適なワークフローとセキュリティの充実化によって、より一層やさしいMRIを実現しました。

主な特徴
1.短時間で確実な検査の提供

M-Power V3.1では、頭部や心臓の形状を解析し、各断面の位置決め設定をアシストするEasyTechのラインナップに、脊椎検査用のSpineLineを搭載しました。脊椎検査に必要な位置決め設定時間の短縮化を行い、快適なワークフローを実現します。

2.フレキシビリティ向上による快適な検査環境の実現

V3.1では装置性能を最大限に発揮させるべく、シーケンス条件編集の自由度を向上、フレキシブルなパラメータ設定により、快適な環境と高画質を実現します。また新たに搭載されたアプリケーションである、拡散強調画像Computed DWI(cDWI)は、得られた画像からhigh b画像を演算処理することで、撮像時間を延長することなく診断能を向上することが可能です。
そのほか一回の撮像で水画像、脂肪画像、In phase画像、Out of phase画像の4種類の画像を得るWater Fat Separation(WFS)や、2種類のTIを入力することで白質と灰白質のコントラストを向上するDouble Inversion Recovery(DIR)など検査効率だけでなく診断能を高めます。
さらに、新しいAtlas SPEEDER™ヘッド/ネックではチルト機構を搭載しました。従来検査の難しかった背中の曲がった高齢者の検査に対して短時間にセッティングでき、より楽な姿勢で検査を受けていただくことが可能になりました。

フレキシビリティ向上による快適な検査環境の実現

Atlas SPEEDER ヘッド/ネック
Atlas SPEEDER ヘッド/ネック

3.セキュリティの強化による安心で確実な検査の提供

昨今、医療機器に対するセキュリティ対策が重要視されるなか、従来のセキュリティソフトでは、新しいウイルスが発生するたび対応が必要とされています。V3.1では、Windows® 7とホワイトリスト方式のセキュリティソフトウエアを搭載しました。ホワイトリストに登録されているソフト以外は動かないという仕組みにより、悪意のあるソフトウェアなどによる攻撃からシステムを守り、システムダウンや、ネットワークを介した感染拡大、大切な患者情報の流出を防ぎます(注2)
本装置は、米国国防総省のネットワークセキュリティガイドラインに適合した世界初のMRIシステムとして、米国空軍よりApproval To Operate (ATO)を受けています(注3)。また、万が一のシステムトラブルに対するアラート機能の強化や、ハードウェアを迅速にリセットする機能等を新たに追加することで、従来からのリモートメンテナンス機能とあわせ、ダウンタイムを最小化しています。

販売名 一般的名称 認証番号
東芝MRI Vantage Titan MRT-1510 超電導磁石式全身用MR装置 227ADBZX00010000
Atlas SPEEDER ヘッド/ネック MJAH-177A MR装置用高周波コイル 227ADBZX00011000

(注1):2013年度 当社調べ
(注2):一般家庭やオフィスで主に用いられているブラックリスト方式は、ウイルスの検出と駆除のためのデータが必要で、このデータ更新とスキャン作業が要求されます。これらの作業時に負荷が発生しシステム動作性能への影響が懸念されます。また、データ更新を怠ると、最新の脆弱性問題に対応することができません。一方で当社が採用したホワイトリスト方式は、「MRIの動作に必要なプログラムのみを動作させる」よう制御されています。従って、前述のウイルスデータ更新は不要で、常に安定したMRIシステムの動作が可能です。
(注3):「高度セキュリティ設定」をONにする必要があります。

【東芝メディカルシステムズについて】
当社は、株式会社東芝 ヘルスケア社の一員として、疾病の早期診断、早期治療のための患者さんにやさしいさまざまな医療システム・サービスを世界135カ国以上に提供しています。
当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、みんなが健康でいきいき生活できる社会の実現を目指します。
東芝メディカルシステムズ株式会社 ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
当社は、より良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
東芝メディカルシステムズ株式会社 環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/
株式会社東芝 環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

M-Power、Vantage Titan、Atlas SPEEDER、Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。
Windows は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。