ニュースリリース

株式会社東芝
東芝メディカルシステムズ株式会社
IBA社
2015.04.09

粒子線がん治療事業における戦略的関係構築に関する契約締結について

株式会社東芝(以下、東芝)、東芝メディカルシステムズ株式会社(以下、東芝メディカル)およびIon Beam Applications S.A.(以下、IBA)は、国内外でのさらなる粒子線がん治療事業の展開を促進するため、戦略的な協力関係を構築することに合意し、本日契約を締結しました。具体的には、東芝のグループ会社である東芝メディカルがIBAの陽子線治療システムProteus®ONEの国内販売および保守・サービスを行い、IBAが東芝の重粒子線治療システムの海外展開に協力していきます。

これまで東芝は、放射線の一種である重粒子(炭素イオン)線をがんの病巣にピンポイントで照射する重粒子線治療システムを開発・製造し、既に国内の2施設(放射線医学総合研究所、神奈川県立がんセンター)から受注しています。東芝は、IBA社と協力関係を構築することで、重粒子線治療システムの海外展開をさらに加速していきます。

東芝メディカルは、X線を使用したエレクタ社製放射線治療装置の国内販売・サービスを展開しながら放射線物理士・放射線技師のためのトレーニングコースを提供し、放射線治療の普及に努めています。今後は、国内における製品ラインナップにIBA社製の陽子線治療システムを加える方向で、医療現場のニーズに応じて製品を提案、提供し、がん治療事業の拡大を図ります。

IBAは、陽子線がん治療システムメーカーとして、欧州、北米、アジアなど数多くの実績があり、そのシェアは50%以上を有し、世界No.1となっています。今回の提携により日本におけるIBA社製のコンパクトな陽子線治療システムProteus®ONEの普及が促進され、同時に東芝の最先端技術を用いた重粒子線治療システムのグローバルな展開が可能になると考えています。

東芝グループとIBAは、粒子線治療事業のさらなる普及を目指し、互いに協力しながら世界中のがん患者に効果的ながん治療の機会を提供していきます。
なお、IBAの陽子線治療システムは、今後日本国内で医薬品医療機器等法の承認申請を行う予定です。

【IBA社の概要】
IBAは、がんの診断と治療法において、革新的なソリューションを提供するグローバル企業です。ベルギーに本社を置き、世界に約1100人の従業員がいます。陽子線治療におけるリーディングカンパニーであり、フルスケールの陽子線治療センターからコンパクトなシングルルームの治療システムまで幅広く提供することができます。IBAは欧州全域にまたがる証券取引所ユーロネクストに上場しています。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。