ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2015.05.21

日本超音波医学会 第15回技術賞を受賞
~低流速の血流を描出できる新しいイメージング技術に高評価~

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)の超音波開発部グループが、低流速の血流を描出可能な新しいイメージング技術「SMI(Superb Micro-vascular Imaging :スーパー マイクロバスキュラー イメージング)」で、一般社団法人日本超音波医学会第15回技術賞を受賞しました。この技術賞は、超音波医学に関する新しい技術を開発し、超音波医学の発展に寄与することが期待される技術者あるいは技術グループを顕彰することを目的として選定されるもので、当社超音波開発部の受賞は今回で10回目となります。

今回受賞したSMIは、当社超音波診断システムのAplio™ シリーズに搭載可能な技術(注1)で、組織の動きの速度に近いような低流速の血流を、高フレームレートに高分解能で表示することが可能です。
従来の技術で低流速の血流を観察する場合には、フレームレートが遅く、組織からの不要なドプラ信号(モーションアーティファクト)が大きいという問題があり、画面全体がモーションアーティファクトで覆われてしまうため血流と組織を区別できませんでした。
SMIではモーションアーティファクト特有の特徴を解析し、臨床上必要な情報を効果的に取り出すことに成功しました。

SMIは、造影剤の適用されない場合でも、低流速検出能に優れた血流イメージングを提供でき、造影剤を使用すれば更に微細な血流の観察ができるので、がんや腫瘍、関節リウマチなどの早期診断や治療方針の決定などに大きく貢献することが可能です。
当社は患者さんの検査の負担を低減する技術を開発し、これからも尊い命に貢献するため最新の医療システムを提供していきます。


SMIを用いた診断画像


悪性リンパ腫(モノクロ表示モード)
        

膀胱癌(カラー表示モード)

(注1):Aplio 500、Aplio 400、Aplio 300のオプションです。

【東芝メディカルシステムズについて】
当社は、株式会社東芝 ヘルスケア社の一員として、疾病の早期診断、早期治療のための患者さんにやさしいさまざまな医療システム・サービスを世界135カ国以上に提供しています。
当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、みんなが健康でいきいき生活できる社会の実現を目指します。
東芝メディカルシステムズ株式会社 ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
当社は、より良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
東芝メディカルシステムズ株式会社 環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/
株式会社東芝 環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

Aplio、Made for Lifeは東芝メディカルシステムズの商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。