ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2015.07.01

320列エリアディテクターCT Aquilion ONE 1000台生産達成

 ViSION FIRST Edition
Aquilion ONE™ / ViSION FIRST Edition

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、世界で初めて一度に16cmの幅を撮影できる320列エリアディテクターCTとして2007年に販売開始したAquilion ONE™の生産1000台を達成しました。記念すべき1000台目はオーストラリアで来年開業を予定しているNew Royal Adelaide Hospitalに出荷されます。

Aquilion ONEは2007年11月に北米放射線学会で発表され、1回転で心臓や脳などの臓器全体を撮影できるCTとして世界中から注目を集めました。その後、臨床でご使用された先生方によりエビデンスに基づく多くの有用性が実証され、形態診断から動態・機能診断、ワークフローの効率化など従来のCTの概念を覆す様々なイノベーションがもたらされました。初代「Aquilion ONE / Global Standard Edition」は、更なる回転速度の高速化、被ばく低減技術の進化、次世代検出器PUREViSION™ Detectorなど最新技術と最新アプリケーションの数々が搭載され、第2世代「Aquilion ONE / ViSION Edition」(2012年7月国内販売開始)、第3世代「Aquilion ONE / ViSION FIRST Edition」(2015年4月国内販売開始)と進化を遂げ、今日では日本発のエリアディテクターCTは、グローバルスタンダードなCTとして評価され、1000台の出荷に結びついたものと考えています。
そしてAquilion ONEで培った最新技術はAquilion™ PRIME、Aquilion Lightning、Alexion™シリーズなど東芝のCTラインアップに継承されています。特に逐次近似画像再構成応用の被ばく低減技術AIDR 3D™(Adaptive Iterative Dose Reduction)は「すべてのCT検査の被ばくを半減させたい」との思いから東芝製CT全てに標準搭載しました。今年4月に販売開始した逐次近似画像再構成技術「FIRST」はエリアディテクターCTの可能性を更に広げる技術として、高く評価されています。

当社のCT事業は今年で40年を迎えます。国内の医療施設では約2台に1台、世界でも約4台に1台は東芝製CTが導入されており、画像診断に於いて重要な役割を担っています。これからも被ばく低減技術など患者さんをはじめ医療に関わるすべての人々にとって安心・安全な医療を実現するために、医療の質と効率を向上させるソリューションを提供してまいります。

一般的名称 販売名 薬事認証番号等
全身用X線CT診断装置 東芝スキャナ Aquilion ONE TSX-301A 東芝スキャナ Aquilion ONE TSX-301C
認証番号 219ACBZX00029000 224ACBZX00004000

【東芝メディカルシステムズについて】
当社は、株式会社東芝 ヘルスケア社の一員として、疾病の早期診断、早期治療のための患者さんにやさしいさまざまな医療システム・サービスを世界135カ国以上に提供しています。
当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、みんなが健康でいきいき生活できる社会の実現を目指します。
東芝メディカルシステムズ株式会社 ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
当社は、より良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
東芝メディカルシステムズ株式会社 環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/
株式会社東芝 環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

AquilionONE、ViSION Edition、PUREViSION、Aquilion、Alexion、Made for Life、
は東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。