ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2015.08.31

ワイヤレス FPD組合せデジタルラジオグラフィ装置「TFD-2020A」販売開始について
― 低線量で高精細な診断画像により確実な診断をサポートします ―

 ViSION FIRST Edition
ワイヤレスFPD

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、デジタル一般撮影領域における新たなラインアップとして、ワイヤレス FPD(Flat Panel Detector)を組み合わせたデジタルラジオグラフィ装置TFD-2020Aを本日より販売開始します。

FPDは14×17インチ半切カセッテサイズの無線タイプで、高感度CsI:TI(タリウム活性化ヨウ化セシウム)シンチレータを採用した高性能の東芝電子管デバイス株式会社製FPDです。新採用のワイヤレスFPDは、量子検出効率が高く(DQE 70%以上)感度が高いため、約20%(自社比)の撮影線量低減が可能となり、被検者の被ばくを低減しながら高精細な画像を実現し、確実な診断をサポートします。さらに、バッテリ単体での残量チェック機能や、取り落とし防止のためのFPD背面の全周囲をFull-Nonslipping加工するなど、安心に配慮して設計されたFPDです。
操作卓のインターフェイスはシンプルオペレーションを可能とする直感的デザインを採用しています。東芝製デジタルX線TVシステムやX線循環器診断システムなどのX線診断システムのほか、CT、超音波装置などのインターフェイスと類似させることで扱いやすさを実現しています。

当社はCT、X線循環器診断システムをはじめ、撮影線量低減や線量管理など、医療被ばくを低減させるための様々な技術の開発に取り組んでいます。本デジタルラジオグラフィ装置を、ラインアップ豊富な当社のX線撮影装置と組み合わせて導入していただくことにより、適切な線量による最適画像の提供に寄与できるとともに、一貫したメンテナンス・保守サポートの提供が可能となります。当社は、医療機関における画像診断をトータルでサポートいたします。

一般的名称 X線平面検出器出力読取式デジタルラジオグラフ
販売名 デジタルラジオグラフィ装置 TFD-2020A
認証番号 227ADBZX00058000

【東芝メディカルシステムズについて】
当社は、株式会社東芝 ヘルスケア社の一員として、疾病の早期診断、早期治療のための患者さんにやさしいさまざまな医療システム・サービスを世界135カ国以上に提供しています。当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、みんなが健康でいきいき生活できる社会の実現を目指します
東芝メディカルシステムズ株式会社 ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
当社は、より良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
東芝メディカルシステムズ株式会社 環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/
株式会社東芝 環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。