ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2015.10.13

東芝メディカルシステムズ、仏医療画像処理ソフトウエアメーカ「オレア メディカル社」を買収
医療画像ソリューションを幅広く展開、MRI事業を強化

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、MRIやCTの医療画像ソリューションを手がけるオレア メディカル社(Olea Medical S.A/本社:仏国ラ・シオタ CEO:Faycal Djeridane、以下「オレア社」)の株式を取得する契約を締結し、フランスで必要な承認手続き等を経て買収を完了いたしました。

オレア社はMRIやCTの先進の医療画像処理ソリューションを手がけるリーディング・カンパニーで、世界中のトップクラスの研究・顧客ネットワークを有しています。本買収により、当社のグローバルMRI開発チームとオレア社が協調・連携を図ることで、革新的なソリューション・製品を生み出してまいります。当社は、画像診断領域において今後ますます重要性が高まると期待されるMRIシステムの発展に寄与できるよう技術・商品開発に取り組み、新たな臨床価値を医療従事者に提供していきます。

また、オレア社のMRI医療画像処理ソフトウエアは、当社の医療画像処理ワークステーション Vitrea(ヴィトリア)のプラットフォーム上でも操作が可能となります。今後、当社がグローバルでプレゼンスの高いCTシステムなど他の画像診断システムの医療画像処理ソフトウエアとの融合を図ることで、マルチモダリティ・ソリューションを活かしたさらなるワークフローの改善に取り組んでまいります。

【東芝メディカルシステムズについて】
当社は、株式会社東芝 ヘルスケア社の一員として、疾病の早期診断、早期治療のための患者さんにやさしいさまざまな医療システム・サービスを世界135カ国以上に提供しています。当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、みんなが健康でいきいき生活できる社会の実現を目指します。
東芝メディカルシステムズ株式会社 ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【オレア社について】
オレア社は、医師や医療従事者向けにMRIやCTでの診断や治療支援に寄与する先進の医療画像処理ソリューションを手がけるリーディング・カンパニーです。オレア社は2008年に設立され本社はフランスのラ・シオタ(マルセイユ近郊)にあります。詳しくはオレア社のウェブサイトwww.olea-medical.comをご覧ください。

Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。