ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2015.12.21

「新生東芝アクションプラン」の実施に伴う当社の外部資本受け入れについて

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、親会社である株式会社東芝(以下、東芝)が本日発表したとおり、積極的な支援を行う外部資本を半数以上の株主として受入れることを、当社としても承認し、今後東芝と一体となって速やかに実行することを本日決定しました。
本決定は、東芝の中期経営計画の策定において、当社について連結子会社として成長を模索するより、成長のために必要となる資金力を外部から受入れることで、当社の成長力を更に高めていくことが適切であると判断したものです。

当社は、高い技術力、販売・サービス力を背景に、お客様の声や期待に応えてまいりました。しかしながら、医療を取り巻く環境は、急速な技術革新や新規分野の著しい成長など、大きく変化しています。この状況に対応していくために、これまでも積極的に開発投資を行ってきましたが、今後はこれに増してM&Aを含めた積極的な投資を実施していくことが重要であると考えています。
当社は、外部資本を受入れることにより企業価値を高め、さらなる成長を目指します。

【東芝メディカルシステムズについて】
当社は、株式会社東芝 ヘルスケア社の一員として、疾病の早期診断、早期治療のための患者さんにやさしいさまざまな医療システム・サービスを世界135カ国以上に提供しています。当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、みんなが健康でいきいき生活できる社会の実現を目指します。
東芝メディカルシステムズ株式会社 ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
当社は、より良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
東芝メディカルシステムズ株式会社 環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/
株式会社東芝 環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。