ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2016.06.23

ポータブル等温増幅蛍光測定装置Genelyzer Fシリーズおよび
検査用試薬類の販売開始について

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、遺伝子検査を迅速に行うことが可能な等温増幅蛍光測定装置Genelyzer™ Fシリーズ(ジェネライザー エフシリーズ 以下、「本装置」)および同装置に対応する検査用試薬(以下、本試薬)とアクセサリーを6月末より販売開始します。
本装置は軽量かつバッテリー駆動が可能なため、ポータブルな遺伝子検査システムとして現場に持ち込み、迅速な検査を行うことが可能です。

当社は、2015年11月にオプティジーン社 (本社: 英国ホーシャム) と本装置に関するOEM契約を締結し、販売準備を進めてきました。この度、日本市場向けの各種法規対応が完了したことから、本装置及び本試薬、アクセサリーの販売を開始致します。
本装置および本試薬類を使用することで迅速な遺伝子検査が可能であり、2015年にはギニア共和国からの要請に応じて、日本国政府からエボラ出血熱緊急支援として供与されました。同国において、その迅速性、簡便性が高く評価されています。

当社は、複数遺伝子の一括検出が特長のDNA検査装置Genelyzer™ IIに加え、Genelyzer™ Fシリーズをラインアップに加えることにより遺伝子検査ニーズに幅広く対応し、分子検査ソリューション事業の更なる拡大と体外診断 (IVD) 事業への積極的な展開を進めてまいります。

※本装置および本試薬は、医薬品医療機器法の対象外製品のため、診断、治療を目的とした販売、授与はできません。研究・実証試験・評価用としての使用を想定しています。


Genelyzer F II
Genelyzer F II
  Genelyzer F III
Genelyzer F III

Genelyzer Fシリーズ・検査用試薬、アクセサリーの主な特長
(1) 迅速な遺伝子測定

専用の試薬を用いた等温増幅法により、短時間での遺伝子増幅が可能です。装置はタッチスクリーンで簡単に操作ができ、リアルタイムに遺伝子増幅をモニターすることができます。


(2) 軽量、バッテリー内蔵

装置重量は2kg程度と可搬性が高く、内蔵バッテリーを搭載しており、遺伝子増幅から測定まで装置単体で実施することが可能です。


(3) 幅広いラインアップ

遺伝子増幅反応に必要な試薬類が予め混合されているマスターミックスや、各種DNA合成酵素・逆転写酵素を販売致します。またアクセサリーとして、8連チューブストリップ、クーリングブロック、装置のキャリーケースを取扱い致します。


 

【OptiGene社について】
オプティジーン社は、分子検査ソリューションを提供する企業として2008年に設立されました。優れた製品開発力と酵素製造技術を有し、小型で迅速な等温増幅による遺伝子の蛍光検出装置の開発と、試薬・酵素類の研究開発を行っています。本社はイギリスのホーシャムに位置しています。詳しくはオプティジーン社のウェブサイトhttp://www.optigene.co.uk/をご覧ください。

【東芝メディカルシステムズについて】
当社は、疾病の早期診断、早期治療のためCT、MRI、超音波診断装置、X線診断装置などの画像診断装置や検査機器を開発、製造し、世界135カ国以上に提供しています。当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、病院経営に貢献し、患者さんに優しい医療システム・サービスをお届けし、尊い命に貢献します。
東芝メディカルシステムズ株式会社 ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
当社は、より良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
東芝メディカルシステムズ株式会社 環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/

Genelyzer、Made for Lifeは東芝メディカルシステムズの商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。