ニュースリリース

国立研究開発法人国立循環器病研究センター
東芝メディカルシステムズ株式会社
2016.09.20

国立循環器病研究センターと東芝メディカルの
産学連携協力に関する包括協定締結について

国立研究開発法人国立循環器病研究センター(所在地:大阪府吹田市 理事長:小川久雄 以下、国循)と東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口登志夫 以下、東芝メディカル)は、医療・ヘルスケア産業に関わる機器、システム、サービス等の研究開発と実用化に関する産学連携協力を行うための包括協定を本日締結しました。


国循は、高度専門医療研究センターとして循環器疾患の究明と制圧に挑むことを理念として掲げ、循環器領域における世界トップレベルの医療・研究の実現に取り組んでいます。2018年度には吹田操車場跡地への移転建替を予定しており、国循を核とした最先端医療・医療技術の開発のための産学官の連携によるオー プンイノベーションを展開しようとしています。

東芝メディカルは、尊いいのちに貢献するために、「Made for Life™」の経営スローガンのもと、CT、MRI、超音波、アンギオグラフィーなど病気の早期診断、早期治療に役立つ医療機器・システムを開発・製造し、グローバルに事業を展開しています。


国循および東芝メディカルは、これまでも個別課題について共同研究を行い、循環器疾患の診断や治療に役立つ最新医療機器や臨床アプリケーションを開発してきました。双方の人的、知的、物的資源の交流と活用を加速することで、より双方の発展と充実に寄与することができると考え、連携協力に関する包括協定を締結しました。

世界に先駆け超高齢化社会に突入している我が国においては、心臓病・高血圧症・脳血管障害などに代表される循環器疾患の有病率が高まっています。国循と東芝メディカルが、健康寿命の延伸を目指して、医療や健康づくりに関わる研究、人材育成、地域連携等について相互に協力し、連携を推進することで、人々の健やかな生活の実現に貢献してまいります。

 

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。