ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2017.01.30

新社名決定のお知らせ

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口登志夫)は新たな社名(商号)を「キヤノンメディカルシステムズ株式会社」(英文名:Canon Medical Systems Corporation)とすることを内定し、今後、薬機法等各国の変更手続きが完了する2018年初頭を目処に社名を変更する予定です。


当社は1930年に東京電気株式会社(現在の株式会社東芝)の資本により創業し、X線診断装置、CT、MRIや超音波診断装置など画像診断装置を中心に事業をグローバルに展開してまいりました。国内シェアNo.1、世界140か国以上に高品位で信頼性のある製品やサービスを提供しています。

当社は2016年3月に東芝グループを離脱し、同年12月にキヤノングループの一員となったことをうけ、今回の社名に変更することにしました。


キヤノンの事業転換の重要戦略と位置付けられるヘルスケア事業の強化、拡大をはかっていくとともに、これからも当社の経営スローガンである「Made for Life™」の理念にもとづいて、変わらず医療に貢献してまいります。

【東芝メディカルシステムズについて】
当社は、疾病の早期診断、早期治療のためCT、MRI、超音波診断装置、X線診断装置などの画像診断装置や検査機器を開発、製造し、世界135カ国以上に提供しています。当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、病院経営に貢献し、患者さんに優しい医療システム・サービスをお届けし、尊い命に貢献します。
東芝メディカルシステムズ株式会社 ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
当社は、より良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
東芝メディカルシステムズ株式会社 環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/

Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。