ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2017.04.28

東芝メディカルが最高級MRIシステムをジョンズホプキンス大学に納入

Vantage Galan™ 3T
Vantage Galan™ 3T

東芝メディカルシステムズ株式会社 (本社:栃木県大田原市、社長:瀧口 登志夫)の3テスラMRIシステム Vantage Galan™ 3Tが、世界的に有名な医療機関であるジョンズホプキンス大学(JHU)にあるSCIENCE + TECHNOLOGY PARK の先端イメージングセンター内に設置され、現地時間の2017年4月21日テープカットの式典が開催されました。


JHUと当社は、CTや超音波の最先端医療機器や臨床アプリケーションの評価を長年にわたり共同で行ってきました。この度のVantage Galan 3T設置により、当社MRIシステムを用いた新たなヘルスケアソリューションの開発に繋がることが期待されます。このセンターのリーダーにはJHU医学部教授 心血管イメージング部門長である João A. C. Lima, M.B.A., M.D. (CORE 320(注1) のリーダー) が、任命されました。


当社代表取締役社長の瀧口は「当社の最も先進的なMRIシステムをJHUに設置することができ、大変光栄です。我々は、今後もMade for Life™の理念に基づいて、患者さんのニーズを真に取り込み、医療従事者に新たな臨床価値を提供する製品の開発に取り組んでいきます。MRIは、今後もヘルスケアのキーテクノロジーとして成長するでしょう。JHUをはじめとした各国のパートナーと協同し、そして、世界中の人々のQOL向上に貢献する世界クラスのMRシステムの開発、それが我々の目指すものです。」と述べています。




ジョンズホプキンス大学病院はアメリカメリーランド州ボルチモアに位置し、研究と臨床業務を統合した病院システムのパイオニアとして知られています。多くの世界的に著名な医師や研究者がここを拠点にしており、ノーベル賞受賞者も多く輩出しています。世界クラスの医療機関として高い評価を得ており、U.S. & New World Report が公表した全米トップクラスの病院に関する年間ランキング調査でも、その評価の高さは証明されています。ジョンズホプキンス大学の病院ネットワークのメンバーである Sibley Memorial Hospital は、ワシントン D.C.で非営利の医療機関として 1890 年に設立以来、特に悪性腫瘍に関する研究から治験、治療、リハビリにいたるまで幅広い業務を行っています。


(注1)CORE320 当社がサポートした320列エリアディテクターCTを用いた国際的マルチセンタースタディ

【東芝メディカルシステムズについて】
当社は、2016年12月より、キヤノングループの一員となり、2018年初頭を目処に社名を「キヤノンメディカルシステムズ」に変更予定です。疾病の早期診断、早期治療のためCT、MRI、超音波診断装置、X線診断装置などの画像診断装置や検査機器、ヘルスケアITCソリューションを開発、製造し、世界140カ国以上に提供しています。当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、病院経営に貢献し、患者さんに優しい医療システム・サービスをお届けし、これからも変わらず医療に貢献してまいります。
東芝メディカルシステムズ株式会社 ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
当社は、より良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
東芝メディカルシステムズ株式会社 環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/

Vantage Galan、Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。