ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2017.05.25

多目的デジタルX線TVシステム「Ultimax-i」に新たな高画質・低線量検査コンセプト「Octave」搭載

Ultimax-i
Ultimax-i

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、多目的な検査に対応するCアーム搭載デジタルX線テレビシステムUltimax™-i(アルティマックス アイ)に「Octave(オクターブ)」を搭載し、画質の向上を図りながらも照射線量を従来より最大65%低減(当社比)を可能としました。

Ultimax-iは、多方向からの観察を可能とするCアームと17インチ広視野FPDを搭載したX線TVシステムです。2009年に発売開始以来、胃透視などの消化管検査のほか、ERCP(内視鏡的逆行性胆道膵管造影)やミエログラフィ(脊髄造影)など、1台で各診療科の多彩な検査に柔軟に対応できるシステムとして大変好評をいただいています。さらに、独自のコンパクト設計により、Cアームシステムでありながらも検査室に広い作業スペースを確保できるため、様々な手技における患者さんへのアプローチを容易にします。

この度Ultimax-iに従来より最大65% の被ばく低減(当社比)を可能とする新しい高画質・低線量検査コンセプト「Octave」を搭載しました。Octaveは、新たに開発したリアルタイムの画像処理技術と低線量検査のためのアイテムにより、高画質と低線量の両立を高い次元で実現します。様々な検査に適した画質と線量により、安全で、効率の良い医療を提供します。


Octaveの主な特長

従来から採用されていた画像フィルタ処理(Super Noise Reduction Filter:SNRF)やデジタル補償フィルタ(Digital Compensation Filter:DCF)を高いレベルで進化させながら、新たな8つの最新技術から構成される高画質、低線量検査のための当社独自のコンセプトです。従来より1オクターブ上の診断・治療に最適な線量と画質のバランスを提供することで、安心・安全な医療を提供します。

・ 多重解像度SNRF

画像を複数の周波数帯域に分解し、分解した周波数帯域それぞれに適切な処理を行うことで、広い帯域のノイズの除去を可能としました。多くの検査で重要とされる透視画像の視認性を向上させ、残像、コントラストの低下なく、高画質を実現します。


・ デジタル補償フィルタ(DCF)

画像の高輝度部と低輝度部の明るさを自動補正するデジタル補償フィルタ機能により、画像の黒つぶれ、白とびを補正して、最も観察しやすい画像に調整します。


・ IR解像度補正

逐次近似法(Iterative Reconstruction:IR)を利用した解像度補正により、理想のMTF(Modulation Transfer Function)を実現します。


一般的名称 据置型デジタル式汎用X線透視診断装置
販売名 多目的デジタルX線TVシステム Ultimax-i DREX-UI80
製造販売認証番号 221ACBZX00010000

【東芝メディカルシステムズについて】
当社は、疾病の早期診断、早期治療のためCT、MRI、超音波診断装置、X線診断装置などの画像診断装置や検査機器、ヘルスケアITCソリューションを開発、製造し、世界140カ国以上に提供しています。2016年12月より、キヤノングループの一員となりました。当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、病院経営に貢献し、患者さんに優しい医療システム・サービスをお届けし、これからも変わらず医療に貢献してまいります。
東芝メディカルシステムズ株式会社 ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
当社は、より良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
東芝メディカルシステムズ株式会社 環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/

Ultimax、Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。