ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2017.07.07

国際モダンホスピタルショウ2017出展のご案内

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口登志夫)は7月12日(水)~14日(金)に東京ビッグサイト(東京・有明)で開催される国際モダンホスピタルショウ2017に出展するとともに、出展企業によるプレゼンテーションセミナーを開催します。


近年、病院内には診断画像、手術動画、カルテ情報などの多様な医療情報が大量に蓄積されています。それらの多様なデータを統合して一元管理することで、医療および経営に寄与する高度な情報システムが求められています。また、地域医療連携の進展により、医療機関同士の情報連携を支援・促進するための医療情報ネットワークの構築も重要性を増してきています。

当社は必要な情報を収集・統合・解析・加工し、患者さんの診療に当たる医師や病院経営者へより価値のある情報として提供できる新たなソリューションを提案してまいります。さらに、ワークフローの効率化、地域間連携、経営効率化につながる多彩な最新の医用ソリューションをご紹介します。

本年はキヤノングループ入りして初めての参加となり、当社ブースではキヤノングループにおける様々な取り組みを展示します。ぜひ、当社ブースにお越しいただけますようご案内いたします。


東芝メディカル展示ブース : 東京ビッグサイト 東展示棟 第3ホール A-23


【主な出展品】

■医用データ統合ソリューション
真のベンダー・ニュートラルの実現を目指す医用画像データ統合プラットフォームVNDM (ベンダー・ニュートラル・データフロー・マネジメント)と、診療情報とVNDMの画像情報を統合表示するオーグメンテッド・クリニカル・コックピットを展示致します。またキヤノン株式会社の先進の画像処理技術とAIよる診断支援ソフトウェア(参考展示)も合わせてご紹介致します。医療の質と効率を向上させる当社独自のアプローチとして提案します。


■病院向けソリューション
総合電子カルテシステムHAPPY ACTIS™を中心とした急性期病院様向けソリューションをご紹介致します。患者さんが生まれてからの生涯データをコンパクトに蓄積し、素早く取り出して活用できます。30年分の投薬歴と検査結果の一覧を瞬時に表示することで、長期間の経過を診る必要のある疾病にも有用です。


■診療所向けソリューション
TOSMEC Aventy™2.0に新機能が追加されました。従来の見開き型のカルテ画面に加えて、一覧性が向上した経過型のカルテ画面を搭載しました。診療履歴や患者さんの推移を即座に把握することができるため、一人の患者さんを長く、深く「支える」医療を提供できます。かかりつけ医・在宅医療として地域医療に貢献する診療所・クリニックをサポートします。合わせてキヤノンマーケティングジャパン株式会社が提供する診療所向けMedical Image Place医用画像システムサービスも紹介します。


■医用画像情報システム
導入施設1000を超え、30年の老舗PACSです。柔軟なシステム連携・最先端の機能をもつ装置とのコラボレーションが可能です。診療科の先生に日常使って頂ける高性能な画像診断アプリケーションも提供しています。


■健診ソリューション
受診者の待ち時間が一番短いと想定される検査を健診端末およびタブレット端末上に案内する機能を実装した新しいHealthcareAgent™を展示します。受診者の検査待ち時間の短縮を図り、円滑な健診業務をサポートいたします。合わせてキヤノンマーケティングジャパン株式会社が提供する健診向けMedical Image Place遠隔読影インフラサービスも紹介します。


【セミナー】開催期間中2つのセミナー(参加無料)を予定しています。

■プレゼンテーションセミナー  A-3

日時

7月12日(水)14:00~14:45
会場

会議棟605
テーマ

小児循環器分野における統合ビューワの有用性と展望について
座長

村田 高茂先生(医療法人社団成蹊会 岡田病院 理事長・院長)
演者

上田 秀明先生(神奈川県立こども医療センター 循環器内科部長)


■プレゼンテーションセミナー  A-5

日時

7月13日(木)11:30~12:15
会場

会議棟605,606
テーマ

真のVendor Neutralに向けて!  東芝メディカルシステムズのVNDMへの取組み
ご挨拶

代表取締役社長  瀧口  登志夫
座長

副島  秀久先生  (済生会支部熊本県済生会 支部長)
演者1

Rick Stroobosscher  (Karos Health Incorporated Founder)
演題1

カナダにおける大規模地域病院間連携の実例紹介
演者2

村田  高茂先生(医療法人社団成蹊会 岡田病院 理事長・院長)
演題2

地域連携ソリューションに向けてVNDMの試験導入


HAPPY ACTIS、TOSMEC Aventy、HealthcareAgent、Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。
Medical Image Place は、キヤノンマーケティングジャパン株式会社の登録商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。