ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2017.11.17

「4次元X線CT装置『Aquilion ONE™』の開発」で日本医療研究開発大賞を受賞

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口登志夫)は、政府が医療分野の研究開発を促進するために、本年より創設した日本医療研究開発大賞にて、「4次元X線CT装置『Aquilion ONE™』の開発」で、共同開発を行った片田和広名誉教授(藤田保健衛生大学)と遠藤真広常務理事(公益財団法人医用原子力技術研究振興財団)とともにその功績を称えられ、栄えある第1回の厚生労働大臣賞を受賞しました。表彰は、健康・医療戦略推進本部の本部長を務める安倍晋三首相により、12月13日に首相官邸にて執り行われる予定です。


日本医療研究開発大賞は、医療分野の研究開発の推進に多大なる貢献をした事例に関し、極めて顕著な功績があったと認められる個人または団体に対して表彰されるものです。

Aquilion ONE™は、動きのある立体画像の撮影が可能なX線CT装置として2007年に世界で初めて製品化され、全世界で合計1,327台(2017年8月時点)を出荷しています。従来の臓器や腫瘍などの形状を診る形態診断に加え、臓器の動きや血流などの動きを診ることに基づく機能診断を新たに可能としました。最新装置では、撮影時間の短縮、被ばく量の低減や造影剤の低減も可能となり、患者さんに優しい検査を提供します。高齢者や乳幼児の検査、さらに一刻を争う救急救命にも大いに貢献することが期待されています。


当社は来年1月4日にキヤノンメディカルシステムズ株式会社に社名変更を予定しています。これからもMade for Life™の理念に基づき、最新の技術で尊い命を守る医療に貢献してまいります。


日本医療研究開発大賞とは
我が国の医療分野の研究開発のさらなる進展に寄与することを目的に政府により創設。受賞者の選出に関しては、健康・医療戦略室長が指名する選考委員によって行われる。健康・医療戦略室は、国内の医療、医薬品、医療機器を戦略産業として育成し、日本経済再生の柱とすることを目指すため、内閣官房に設置された組織である。

【東芝メディカルシステムズについて】
当社は、2016年12月より、キヤノングループの一員となり、2018年1月4日に社名を「キヤノンメディカルシステムズ」に変更予定です。疾病の早期診断、早期治療のためCT、MRI、超音波診断装置、X線診断装置などの画像診断装置や検査機器、ヘルスケアITC ソリューションを開発、製造し、世界140 カ国以上に提供しています。当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、病院経営に貢献し、患者さんに優しい医療システム・サービスをお届けし、これからも変わらず医療に貢献してまいります。
東芝メディカルシステムズ株式会社 ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
当社は、より良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
東芝メディカルシステムズ株式会社 環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/

Aquilion ONE、Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。