トップページ > 企業情報 > ニュースリリース > ニュースリリース(2002年)

ニュースリリース(2002年)

2002.12.19 Web技術を採用し放射線部門の業務効率改善と病院内の他部門との情報伝達の向上を実現する放射線部門情報管理システム「RapideyeTM e-RIS」の発売-電子カルテシステムや画像システム(PACS)とのリンクを容易に実現-
2002.11.08 世界最小スライス幅0.5mmで16スライス同時撮影できる
マルチスライスCTの販売拡大について
― 心臓冠状動脈など微細な血管構造も抽出可能 ―
2002.11.07 MRI頭部検査用アレイコイルの新製品の販売について
~ 頭部検査用としてパラレルイメージング法に対応し、
MRI検査の撮影スピードの向上と高画質を同時に実現 ~
2002.11.05 診断画像データと診断所見レポートの文字情報を統合管理できる
電子カルテ対応型画像情報システム「RapideyeTM Enterprise」の発売
2002.10.31 アナログ画像のデジタル化によるソリューションを循環器部門に提供する
「CardioAgent Cine Capture System」の発売
-シネフィルム運用施設のコスト削減を可能に-
2002.10.16 被検者へのアクセス性を向上させた外科用X線装置「Clearscope1000」の発売
-本体架台先端部を絞ることにより寝台に接近したポジショニングが可能-
2002.09.25 平成14年10月、人事異動の件
2002.09.09 緊急検査をスムーズに行える中規模病院向け生化学自動分析装置の発売について
-世界初の「インテリジェントラックサンプラー」により検査の効率化が実現-
2002.08.22 優れた設置性と高画質撮影を両立した
フルデジタル遠隔操作式X線透視撮影システム「Winscope2000」の発売について
2002.07.09 高画質・高速撮影、静音化、操作性向上を実現した高磁場MRI装置新製品の販売について
~1.6倍の高S/N化と3倍の高速撮影を実現~
2002.06.27 省スペースタイプの一般X線撮影システム「Radrex Compact」の発売について
~通常の壁コンセントからの単相100V電源で撮影可能~
2002.06.25 取締役の担当・使用人職務の一部変更、人事異動の件
2002.05.27 「病院経営意志決定支援システム」事業の展開について
2002.05.27 平成13年度決算および役員人事内定の件
2002.05.23 壁から10cmの距離に設置できる省スペースを実現した
高画質遠隔操作式X線透視撮影システム「Winscope1000」の発売について
2002.03.07 国内初の循環器情報統合システム「CardioAgentTM」の販売について
-米国Heartlab社との国内独占販売・共同開発契約を締結-
2002.01.22 内視鏡事業の提携について

過去のニュースリリース

ニュースリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。