ニュースリリース

1997.08.12

業界最高クラスの41万画素CCDを採用した電子内視鏡の新製品発売について


 当社は、業界最高クラスの41万画素の高解像度CCD(電荷結合素子)を下部消化管用スコープに採用することにより、消化管の内壁の微小構造まで鮮明に観察できる電子内視鏡装置「TRE-3680」を開発し、8月6日から営業活動を開始しました。
 同スコープは、小形CCDの採用により、先端部外径をクラス最細の12.8mmに抑えるとともに、消化管治療の際に使われる鉗子チャンネルはクラス最大の3.8mmを確保しています。体内挿入性の容易さと鉗子チャンネルの操作性の向上を図り、患者の負担の一層の軽減を図っています。
 新製品の販売は、東芝メディカル株式会社が担当します。
 新製品の価格は870万円で、1年間に200台の販売を計画しています。

商品化の背景とねらい

 内視鏡は、胃がんなどの消化器疾患などを直接観察できるとともに、内視鏡下で簡易な治療を行える医用機器として、近年急速に普及してきています。内視鏡は、光ファイバーで観察するファイバースコープ方式の内視鏡と、撮像素子にCCDを使用した電子内視鏡の2種類があります。近年、高解像度の画像が得られ、観察性、操作性、画像処理・保存性等が優れた電子内視鏡装置が、急速に伸長しており、内視鏡市場全体の40%を占めています。さらに、消化管内壁を微小なレベルで観察することができる高解像度な電子内視鏡が求められています。
 当社は、これらのニーズに対応して新製品を商品化したものです。

新製品の主な特長

  • 1. 下部消化管用の撮像素子に業界最高レベルの41万画素のCCDを採用することにより、腸壁の微小構造を鮮明な画像で観察することができます。

  • 2. 下部消化管用スコープの鉗子チャンネルに大口径3.8mmを採用しており、従来に比べ、消化管のポリープ除去などの治療をスムーズに行うことができます。また、スコープの外径を12.8mmに抑えており、挿入性にも優れています。

  • 3. デジタルファイリング装置接続用インターフェイスを標準装備しており、当社製ファイリング装置「TOSPACS」と接続することにより、患者名登録、画像記録などをデジタル記録することができます。

  • 4. 電子内視鏡装置プロセッサ内に、10ビットのデジタル信号処理回路を採用しており、高品質な画像を実現しています。

  • 5. 先端部外径が9.8mm、鉗子チャンネルが2.8mmの上部消化管用スコープを装備しており、患者への負担を軽減するとともに、高い操作性を実現しています。

新製品の主な仕様

電子スコープ TGP-3680D
先端部外径 9.8mm
視野角 120度
観察深度 3 ~ 120mm
鉗子チャンネル 2.8mm直径
有効長 1020mm
用途 上部消化管ルーチン検査
薬事承認番号 7B826

電子スコープ TCE-3680MH
先端部外径 12.8mm
視野角 130度
観察深度 2 ~ 80mm
鉗子チャンネル 3.8mm直径
有効長 1270mm
用途 大腸(下部消化管)検査
薬事承認番号 8B536

電子内視鏡本体 TRE-3680
カラー撮像方式 同時方式色差線順次方式
光量調整 電子シャッタを用いた自動光量調整方式
観察モニタ 14インチカラーモニタ
外形寸法 幅550×高さ1542×奥行683
基本質量 100KG
消費電力 820VA
薬事承認番号 7B825


当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。