ニュースリリース

1997.10.30

検体検査装置の販売に関する合弁会社設立について


 ダイナボット株式会社と東芝メディカル株式会社、株式会社東芝は、急速に変化しつつある臨床検査市場のニーズに対応するため、3社の共同出資により「アボット東芝ダイアグノスティックス株式会社」を設立し、本年12月から国内市場を対象に事業活動を開始します。
 ダイナボット社は、免疫業界で世界NO.1の米国ABBOTT社の関連会社で、免疫の装置・試薬では国内NO.1の販売会社であります。
 現在、国内の臨床検査市場は、生化学市場と免疫市場が独立しています。年間約700億円といわれている生化学市場は、装置メーカーと試薬メーカーが、それぞれ独立して販売しており、東芝及び東芝メディカルは装置のみ参入しています。また、ダイナボットが参入している免疫市場は、年間約900億円の市場といわれ、装置と試薬を同じメーカーが販売しています。
 このように独立した生化学と免疫の市場において、近年「生化学+免疫」の一体化装置のニーズが急速に高まっています。
 この市場変化に対応し顧客ニーズに応えるため、「アボット東芝ダイアグノスティックス株式会社」を設立し、生化学分野において東芝及び東芝メディカルが、免疫分野においてABBOTT及びダイナボットが、それぞれ培ってきた開発・設計・製造・サービス全般にわたる諸資源やノウハウを有効に活用し、地域に密着した販売サービス体制の確立を実現してまいります。なお、設立後1年間の売上は、約40億円を見込んでいます。

アボット東芝ダイアグノスティックス株式会社の概要

・社     長  : 内藤 享佑(ないとう きょうすけ)
・所  在  地  : 東京都文京区
・資  本  金  : 290,000,000 円
・出 資 構 成  : ダイナボット 65.5%、東芝メディカル 29.3%、東芝 5.2%
・主な事業内容   : 現在、東芝メディカルが販売している東芝製生化学装置の継続販売。
            ABBOTT・東芝が共同開発するARCHITECT(次世代の
            免疫および生化学検査システム製品群)の生化学装置および生化学
            試薬の国内販売
・設 立 年 月 日  : 97年12月1日





当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。