ニュースリリース

1997.11.20

業界最高クラスの41万画素CCDを採用した
電子スコープの新製品発売について


 当社は、業界最高クラスの41万画素の高解像度CCD(電荷結合素子)を採用することにより、消化管の内壁の微小構造まで鮮明に観察できる電子スコープ2機種(上部消化管用/下部消化管用)を開発し、営業活動を開始します。

 上部消化管用スコープは、小型CCDの採用により、先端部外径を10.8mmに抑えるとともに、上部消化管治療の際に使われる鉗子チャンネルは内径2.8mmを確保しており、体内挿入性の容易さと鉗子チャンネルの操作性の向上を図り、患者負担の一層の軽減を図っています。また、スコープ先端部に2灯式のライトガイド(照明)を採用しており、影の出にくい明るい観察が可能です。
 新製品の販売は東芝メディカル株式会社が担当します。
 新製品の価格は、上部消化管用電子スコープ、TGI-3680Dが280万円、下部消化管用電子スコープ、TCE-3680MTが300万円で1年間に合わせて300台の販売を計画しています。

商品化の背景と狙い

 内視鏡は、胃がんなどの消化器疾患を直接観察できるとともに、内視鏡下で簡単な治療を行える医用機器として急速に普及してきています。内視鏡は、光ファイバーで観察するファイバースコープ内視鏡装置と電子スコープを使用した電子内視鏡装置の2種類がありますが、近年、ファイバースコープの代わりに電子スコープが急速な普及を見せており、最新の半導体微細加工技術を応用した高解像度スコープによる診断能の向上が医療現場から期待されています。

 電子内視鏡で消化管の内壁を微小なレベルで観察する為には、多画素CCDと最適化された微小光学系を組合せた高解像度スコープが必要となります。当社は、このニーズに対応し、既に発売を開始している電子内視鏡装置 TRE-3680に組合せて使用する新製品を商品化したものです。

新製品の主な特長

<TGI-3680D(上部消化管用高精細スコープ)>

  • 1. 撮像素子に業界最高レベルの41万画素CCDを採用しており、食道や胃・十二指腸組織の微細構造観察性能に優れています。

  • 2. スコープの先端部外径を10.8mmに抑えており、優れた体内挿入性を実現しています。また、鉗子チャンネルは内径2.8mmを確保しており、消化管のポリープ除去などの治療をスムーズに行うことができます。

  • 3. スコープ先端部のライトガイド(照明)を2灯式にしており、観察の際に影ができにくく、スムーズな診断/治療を行うことが可能です。

  • 4. 鉗子口が画面のほぼ真下に位置しており、患部に対する処置時の狙撃性に優れています。

  • 5. 既に販売している電子内視鏡装置TRE-3680と組み合わせることにより、10ビットデジタル信号処理回路を使用した高品質な画像を実現できます。

<TCE-3680MT(下部消化管用スコープ)>

  • 1. 撮像素子に業界最高レベルの41万画素CCDを採用しており、下部消化管(大腸)の微細構造観察性能に優れています。

  • 2. スコープの先端部外径を12.8mmに抑えており、優れた体内挿入性を実現しています。また、鉗子チャンネルは内径3.8mmを確保しており、大腸のポリープ除去などの治療をスムーズに行うことができます。

  • 3. 導中管に高弾発性の素材を採用しているため、スコープ先端部へのトルク伝達に優れており、固めの導中管が好まれる挿入術式に適しています。

  • 4. 既に販売している電子内視鏡装置TRE-3680と組み合わせることにより、10ビットデジタル信号処理回路を使用した高品質な画像を実現できます。

新製品の主な仕様

1)電子スコープ:TGI-3680D

先端部外径 10.8mm
視野角 120度
鉗子チャンネル径 2.8mm
有効長 1,030mm
用途 上部消化管検査

2)電子スコープ:TCE-3680MT

先端部外径 12.8mm
視野角 130度
鉗子チャンネル径 3.8mm
有効長 1,270mm
用途 下部消化管検査




当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。