ニュースリリース

1998.07.17

拡張性と信頼性に優れた病院総合情報システム
「HAPPY CS-II医事会計システム」の発売について
― 高性能PCサーバを採用し、他のオープン系医療システムとの連携が容易に実現 ―


 東芝は、拡張性と信頼性に優れたPCサーバなどオープン系システムを採用することで、医療機関の機能分化や包括算定化(*1)などの複雑化する医療制度の変化に柔軟に対応し、正確かつ迅速に医事業務を処理することができる医事会計システムとして「HAPPY CS-II医事会計システム」を商品化し、10月末から出荷を開始します。

 新製品はホストコンピュータに、信頼性と価格性能比の高い東芝製のPCサーバを採用しており、オープンなシステム環境で、優れた信頼性と拡張性で医療機関の規模や使用目的に合せた自由なシステム構築ができます。これにより院内をネットワークでつなぐことで、受付システムやカルテシステム、薬品管理システムなど、他の医療システムとの連携を含めたトータルシステム化やデータの共有を図ることができます。

 また、システムの故障時には専門の「HAPPYセンター」で24時間体制でサポートできる体制を整えています。

* 1:慢性疾患の老人患者については、診察料に基本的な検査項目や処置項目が含まれて おり、別に算定することができないようにした算定方式。

商品化の背景とねらい

 少子高齢化が進む中、医療機関の機能分化や包括算定化等の医療制度の変化・改革が進んでいます。医療機関での会計計算もますます複雑化しており、より早く処理できるとともに、より正確で使いやすいシステムが求められています。

 また、近年広く求められている医療機関内のトータルシステム化の核となるシステムとしては、他のオープン系システムとの接続性が重視されています。
 これらのニーズに応えられるシステムとして「HAPPY CS-II医事会計システム」を商品化するものです。


新製品の主な特長

1. 医療機関の規模や使用目的に合わせた自由なシステム構築が可能
 クライアント/サーバシステムによる「HAPPY CS-II医事会計システム」では、ホストコンピュータに、信頼性と価格性能比の高い当社製のPCサーバを採用しています。優れた信頼性と拡張性で医療機関の規模や使用目的に合せた自由なシステム構築ができ、他の医療システムとの連携を含めたトータルシステム化が可能です。

2. Windows によるオープンな環境を実現
 OSにWindows を採用しオープンなシステム環境を実現しています。
 他のシステムを含めたネットワークの間での情報の共有・プリンタ等の共有でシステムの資源を有効に活かすことができます。

3. 流通ソフトを利用して医療機関独自の統計の作成が可能
 表計算ソフトやグラフソフトなどの市販のソフトウェアを活用することにより、簡易に統計表やグラフ・帳票を作成することができます。

4. 目にやさしい画面で操作性がさらにアップ
 必要な情報が一目でわかる画面レイアウトを採用しています。
 詳細の情報はワンタッチ操作でウィンドウで表示できます。

5. HAPPYセンターによる24時間・365日のサポート体制
 システムの故障時や操作上の問い合わせには専門の「HAPPYセンター」が24時間・365日のサポート体制で対応します。

以 上




当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。