ニュースリリース

1999.03.24

心臓などの循環器検査に対応したフルデジタルの
最高級超音波診断装置「PowerVision 8000」の発売について

― 512 チャンネルの受信回路の採用で、高画質・高感度を実現 ―


 (株)東芝は、業界最高クラスの512チャンネルのデジタル受信回路を搭載したことに加え、プローブ内の回路の性能を向上させ超音波の電気信号への変換効率を高めたことにより、高画質のBモード(超音波断層像)と高感度のカラードプライメージング(血流画像検出)を実現した最高級のフルデジタル超音波診断装置「PowerVision 8000」を商品化し、本日より販売を開始します。なお、国内販売は東芝メディカル(株)が担当します。

PowerVision8000 新製品は、不要な反射エコーをカットするデジタル受信フィルタのソフト制御を一部自動化して最適化しているので、カラードプラモードで腎臓や肝臓内部などの低速の血流を観察する際でも高精細な画像が得られます。

 さらに、プローブから送信した周波数の超音波の代わりに、送信した周波数の2倍の周波数の超音波(高調波)を受信して画像を構成する「ハーモニックイメージング」技術を採用しています。本技術の採用により、血液中に微少気泡(マイクロバブル)を注入することでより多くの高調波を含んだ反射エコーが返ってくる現象を利用した「超音波造影法」を効果的に行うことができ、高精細な画像を得ることができます。

 また、マイクロバブルを用いない場合でも、生体組織から弱い高調波が返ってきますが、本技術の採用により従来利用していなかった高調波を活用でき、より精細な画像を得ることができます。

 新製品は、本格的な循環器検査に対応した各種計測アプリケーションソフトを搭載しており、ルーチン検査から研究用途まで幅広く使用できるほか、胎児発育計測等の循環器以外の分野に対応した多くのアプリケーションソフトも備えており、全身の検査にも対応しています。
 
 製品化の背景とねらい

PowerVision8000 超音波診断装置は、体表に当てたプローブから超音波を体内に送り、体の中で反射した超音波を受信することにより、 体の断層画像を動画で観察することができる装置です。 被検者に苦痛を与えずに様々な臓器をリアルタイムで診断できるため、腹部や産婦人科をはじめ、循環器や血管の検査まで広く用いられています。
 さらに、超音波が臓器など動くものから反射する時に生じるドプラ効果を応用したドプラ機能では、血流の向きや速さをカラー表示することができ、循環器をはじめ様々な部位の血流観察に用いられています。
 また、マイクロバブルが超音波を強く反射する性質を利用し、マイクロバブルを血液に注入して血管を強調して画像化する「超音波造影法」の研究が進められており、その臨床応用への期待が高まりつつあります。
  新製品は、超音波診断の基本的な性能であるBモード画質とカラードプラの感度を高めたほか、「ハーモニックイメージング」をはじめとする多彩な先進の機能をそなえ、研究目的から大病院でのルーチン検査等で、血管系・循環器検査をはじめ、腹部・産婦人科・泌尿器科検査等、幅広いニーズに対応できる製品です。

 
 新製品の主な特長

 
1. 業界最高クラスの512チャンネルのデジタル受信回路を搭載したことに加え、プローブ内の回路の性能を向上させ超音波の電気信号への変換効率を高めたことにより、高画質のBモード (超音波断層像)と高感度のカラードプライメージング(血流画像検出)を実現しています。

2. 生体組織からのエコーと、血液からのエコーとを分離し、不要な反射エコーをカットするデジタル受信フィルターのソフト制御を一部自動化して最適化することにより、低流速の血流の検出能を向上させています。これにより腎臓や肝臓内部など等の速度の遅い血流の観察が容易になります。

3. 血液中にマイクロバブルがあると、この微少気泡からは多くの高調波成分を含んだ反射エコーが返ってきます。この高調波を利用して画像を構成する「ハーモニックイメージング」技術を搭載していますので、この微少気泡を使って血管を強調して観察する「超音波造影法」を効果的に行うことができます。

4. マイクロバブルを用いない場合でも、生体の組織部分からは弱い高調波が戻ってきます。「ハーモニックイメージング」技術によりその高調波で画像を構成することで、従来の超音波画像より高精細な画像を表示することができます。

5. 心筋の収縮速度をカラーで表示するTDI(Tissue Doppler Imaging:組織ドプラ・イメージング)や、心拍出量を自動計測するACM(Automated Cardiac Flow Measurement:心拍出量自動計測)、心臓左室内膜を自動的にトレースするACT(Automated Countour Tracking: 自動輪郭追跡)などの新しい循環器計測機能や、 産婦人科の胎児発育状況をトレンドグラフで表示するとともに、各種計測値をレポート表示できる産科用ソフトなど、 豊富な計測パッケージ(オプション)を用意しています。

6. プローブの先端部分に内蔵した電気信号と超音波の変換効率を高める東芝独自の「エコーブースター」回路の能力を向上させたことで、カラードプラの感度を高めました。臓器の血流から末梢血管の微弱な血流信号まで、感度良く捕らえることができます。

7. スイッチ操作で簡単に周波数が切り替えられる「マルチ周波数DBC(Dynamic Beam Control)」により、1本のプローブで複数の周波数が選べます。 接続可能プローブ全てが複数周波切替に対応しており、 体内の浅い部分ではより高い周波数で分解能良く観察し、 深達度の良い低い周波数で深部まで観察することが出来ます。

8. 観察モニタに、高精細な15インチマルチスキャンモニタを採用しており、ノンインタレス表示方式によりチラツキのない表示が得られます。ノンインタレス表示は目にやさしいだけではなく、これまでのインタレス方式で1/30秒毎に表示していた画像を1/60秒毎に表示でき、より時間分解能の良い画像観察を可能とします。

9. 約3000枚の画像を患者IDと共に光磁気ディスクに保存し検索等ができる光磁気記録ユニットを内蔵しており、得られた画像をデジタル情報のまま記録・保存することができます。 記録されたディスクは、外部のパソコン等で再生することが可能です。




以 上




当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。